WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Step > WMI でプロパティ値の書き込みをしてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT 関連情報を気軽に知りたい方へ、キーマンズネットがおすすめです
私も使っていますお勧め SIM フリースマホ ASUS Zenfone
DMM mobile なら常に格安 SIM 業界最安値水準で使えます

WMI でプロパティ値の書き込みをしてみよう - WMI Step

Topics

今まではプロパティによる値の取得を行ってきましたが、WMI では値の取得だけではなく値の書き込みも可能です。
このステップでは Win32_ComputerSystem クラスを使用して説明したいと思います。
以下のサンプルコードを入力してください。



Sample Code

Private Sub Command1_Click()

Dim CsSet As SWbemObjectSet
Dim Cs As SWbemObject
Dim Locator As SWbemLocator
Dim Security As SWbemSecurity
Dim Service As SWbemServices
Dim MesStr As String

Set Locator = New WbemScripting.SWbemLocator
Set Service = Locator.ConnectServer
Set CsSet = Service.ExecQuery("Select * From Win32_ComputerSystem")

For Each Cs In CsSet

Cs.SystemStartupDelay = 5
Cs.Put_

Next

MsgBox "OSの一覧を表示する時間を変更しました。"

Set CsSet = Nothing
Set Cs = Nothing
Set Service = Nothing
Set Locator = Nothing

End Sub



Comment

実行するとマシン起動時の OS の一覧を表示する時間を 5 秒に変更を行います。今回のポイントは、

Cs.SystemStartupDelay = 5
Cs.Put_

です。
SystemStartupDelay というプロパティが OS の一覧を表示する時間を示しています。尚このプロパティは読み込み書き込みをサポートしていますので「5」という整数値を代入しています。ただしこれだけではいけません。設定したことに関して明示的に Put_ メソッドを実行してあげなくては代入した値が入ったことにはならず適用されません。ここの部分は良く忘れがちですので良く覚えておきましょう。
ここまでで一通りの操作として WQL の記述方法、プロパティの読み込みと書き込み、メソッドの実行を紹介してきました。これらのパターンをマスターすれば WMI を使うことは難しく無くなるのではないかと思います。
WMI の使い方によりテンプレートを起こして、後はクラスの中身が分かれば使いこなせるようになると思います。


ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は Search Result から検索してみましょう!!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…