WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Sample (VBS) > プロセッサ (CPU) を取得する

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT 関連情報を気軽に知りたい方へ、キーマンズネットがおすすめです
私も使っていますお勧め SIM フリースマホ ASUS Zenfone
DMM mobile なら常に格安 SIM 業界最安値水準で使えます

プロセッサ (CPU) を取得する: Win32_Processor - WMI Sample (VBS)

Topics

プロセッサ (CPU) の情報を取得するサンプルプログラムです。
Win32_Processor クラスを使用します。

Win32_Processor クラスの詳細に関しては、WMI Library 内のWin32_Processor クラスも参照してみて下さい。

従来の VB (VB6) 版のサンプルコードはこちらで公開しています。



Sample Code

Option Explicit

'WMIにて使用する各種オブジェクトを定義・生成する。
Dim oClassSet
Dim oClass
Dim oLocator
Dim oService
Dim sMesStr

'ローカルコンピュータに接続する。
Set oLocator = WScript.CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
Set oService = oLocator.ConnectServer
'クエリー条件を WQL にて指定する。
Set oClassSet = oService.ExecQuery("Select * From Win32_Processor")

'コレクションを解析する。
For Each oClass In oClassSet

sMesStr = sMesStr & "種類: " & oClass.Description & vbCrLf & _
"名前: " & oClass.Name & vbCrLf & _
"製造元: " & oClass.Manufacturer & vbCrLf & _
"現在の周波数: " & CStr(oClass.CurrentClockSpeed) & vbCrLf & _
"最大周波数: " & CStr(oClass.MaxClockSpeed) & vbCrLf & _
"L2 キャッシュサイズ: " & CStr(oClass.L2CacheSize) & vbCrLf & vbCrLf

Next

MsgBox("Processor に関する情報です。" & vbCrLf & vbCrLf & sMesStr)

'使用した各種オブジェクトを後片付けする。
Set oClassSet = Nothing
Set oClass = Nothing
Set oService = Nothing
Set oLocator = Nothing



Comment

実行するとパソコンに搭載しているプロセッサ (CPU) を列挙して、プロセッサの種類の判別や周波数を取得します。
Dual CPU を積んだクライアントで実行すると CPU の数分だけコレクションを取得し情報を表示をします。CPU の数をカウントしたいときにも有効かと思います。

ちなみに私は SpeedStep に対応しているノートパソコンを使っているのですが、 どうも CurrentClockSpeed の取得がうまくいきません。
たまに 4MHz として認識してしまっているようです。(笑)
SpeedStep に対応していないただのノートパソコンではそのようなことがなかったのであくまで省電力の影響を受けるケースもあるのか…と個人的には思っています。
もしよかったら皆さん試して見て結果を教えてください。

Win32_Processor クラスに関連するサンプルコードは他に、

を紹介しています。
なお WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては、WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソースコードテンプレートも公開しています。WMI プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

また WMI にて取得した内容をメールで通知したいこともあると思います。VBS で CDO オブジェクトを使用したメール送信を方法を紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。


Latest sample information

最近WMI Sampleへ追加したサンプルのご紹介です。

興味のあるサンプル・クラスがありましたら参考にしてみて下さい。


ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は Search Result から検索してみましょう!!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…