WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > Personal > VBS の実行結果をコマンドラインにエラーコードで返す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
ATM 利用時の入出金手数料が最大 7 回/月無料、楽天銀行
WMI スクリプトの実行結果を VBS を利用してメールで送信する方法を公開しています
パソコンに負荷のかからないウィルス対策なら ESET パーソナル セキュリティ

VBS の実行結果をコマンドラインにエラーコードで返す方法

はじめに…

VBS をバッチファイルなどコマンドラインベースで使用することも有るかと思います。
そこで課題になるのがエラー処理です。
ここではそんなエラー処理の方法を紹介したいと思います。



エラーのハンドリング

VBS の実行結果をエラーコードとして返す為には Wscript.Quit を使用します。
これによりコマンドライン内でエラーコードをハンドリングすることが出来るようになります。

例えば下記のような処理 VBS で行います。

If Date = "2016/10/01" Then
Wscript.Quit(0)
Else
Wscript.Quit(255)
End If

日付が 2016/10/1 であれば 0 を、それ以外は 255 をコマンドラインに返すことが出来ます。
コマンドライン側では、

@echo off
if %ERRORLEVEL% == 0 echo 2016/10/01 です
if %ERRORLEVEL% == 255 echo エラー判定です。

上記のように %ERRORLEVEL% で VBS のエラーをハンドリングする事が出来るようになります。



ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…