WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > Personal > 1000BASE-T環境でのCAT5E/CAT6ケーブル性能差

このエントリーをはてなブックマークに追加
WMI スクリプトの実行結果を VBS を利用してメールで送信する方法を公開しています
パソコンに負荷のかからないウィルス対策なら ESET パーソナル セキュリティ
話題のプリウス、ディーラーオプションもネットで気軽に購入

1000 BASE-T環境での CAT5E、CAT6 ケーブル性能差

はじめに…

たまたま自宅でふと新たに有線 LAN 環境を組む際 1000BASE-T 環境を作成しようとしたわけですが、 LAN ケーブルを CAT5E にするか CAT6 にするか悩んだ際にいろいろと調べた結果を参考までにまとめておきたいと思います。
最近のパソコンは 1000BASE-T をサポートするネットワークカード、NIC が搭載されているので無線 LAN も便利ですけど有線 LAN 環境も未だ捨てがたいんですよね…。
データバックアップ・複製等の用途に於いては特にね。



調査方法と結果

市販されている CAT5E の LAN ケーブルと CAT6 の LAN ケーブルを購入し (いずれも 2m)、 Intel 製 1000BASE-T ネットワークカード、NIC を搭載するサーバー・クライアント間を直結した上でファイル転送のテストを行ってみました、
サーバー側の環境は Windows Server 2008 R2 Standerd Editiion (ストレージは東芝製 SSD TSD-THNS256GE8BCAA。SSD を使えばストレージが足を引っ張って数値が微妙になることもないかと…。)、 クライアント側の環境は Windows 7 Professional Edtition になります。
サーバー側にて共有フォルダを作成しクライアント側でネットワークドライブの割り当てを行い、CrystalDiskMark でテストを行った結果が以下のとおりです。

CAT5E
Sequential Read : 77.420 MB/s
Sequential Write : 76.841 MB/s
Random Read 512KB : 68.222 MB/s
Random Write 512KB : 33.700 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 3.540 MB/s [ 864.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 4.763 MB/s [ 1162.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 3.863 MB/s [ 943.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 4.658 MB/s [ 1137.2 IOPS]

CAT6
Sequential Read : 77.500 MB/s
Sequential Write : 74.167 MB/s
Random Read 512KB : 68.333 MB/s
Random Write 512KB : 32.866 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 3.648 MB/s [ 890.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 4.294 MB/s [ 1048.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 3.782 MB/s [ 923.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 4.359 MB/s [ 1064.2 IOPS]

以上のような結果でした。

これを見る限りほとんどの結果においてあまり大きな差が無いことが分かりました。 1000BASE-T 環境化においては CAT5E を使おうが CAT6 を使おうが大きな差が無いようです。 ベンチマーク的には CAT5E の方が結果が良いケースもある位なので・・・。 逆にケーブル等のコストを考えると塵も積もれば山となるということで、少しでも安く上がる CAT5E を選んだほうがよさそうな感じです。

特に企業ユースで考えた場合ではまだまだ 100Base-TX ベースのネットワークが現役で動いていますし、 それ以上高速なネットワークを業務上必要にしているケースは稀な気がします。

LAN の規格上の数字だけに左右されないように気を付けた方がいいですね。



ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…