WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_TSGeneralSetting クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
WMI スクリプトの実行結果を VBS を利用してメールで送信する方法を公開しています
パソコンに負荷のかからないウィルス対策なら ESET パーソナル セキュリティ
話題のプリウス、ディーラーオプションもネットで気軽に購入

Win32_TSGeneralSetting クラス - WMI Library

Win32_TSGeneralSetting クラスの説明

Win32_TSGeneralSetting にはプロトコル、トランスポート、コメント、Windows 認証と暗号化レベルの機能が含まれます。
WMI Providerは、Win32_WIN32_TSGENERALSETTING_Provです。



プロパティ リスト

  • Caption
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

CIM_Setting オブジェクトの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • Comment
 Data Type: string
 Access Type: Read/Write

セッション層プロトコルおよびトランスポート プロトコルを組み合わせたものの説明名称です。



  • Description
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

CIM_Setting オブジェクトの説明です。



  • MinEncryptionLevel
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

Windows 2000 は次の 4 つの暗号化のレベルをサポートします: 低: クライアントからサーバーに送信されるデータのみがサーバーの標準のキーの強度に基づいた暗号化で保護されます。サーバーからクライアントに送信されたデータは保護されません。中 / クライアント互換: クライアントとサーバーの間で送信されるデータはすべて、サーバーの標準のキーの強度に基づいた暗号化で保護されます。高: クライアントとサーバーの間で送信されるデータはすべて、サーバーのキーの強度で最強のものに基づいた暗号化で保護されます。 Windows Server 2003 は 4 つの暗号化のレベルをサポートします: 低、クライアント互換、高および FIPS 準拠。



  • SecurityLayer
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

サポートされている 3 つのセキュリティ層: RDP セキュリティ層: サーバーとクライアント間の通信にはネイティブ RDP 暗号化が使用されます。ネゴシエート: クライアントでサポートされている、最も安全なセキュリティ層が使用されます。サポートされる場合には TSL 1.0 が使用されます。SSL: サーバー認証に加えて、サーバーとクライアント間のデータ転送の暗号化にも SSL (TLS 1.0) が使用されます。この設定は、サーバーに SSL 互換の証明書があることが必要です。



  • SettingID
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

CIM_Setting オブジェクトを認識する識別子です。



  • SSLCertificateSHA1Hash
 Data Type: string
 Access Type: Read/Write

SSLCertificateSHA1Hash WMI プロパティを使用するには、まず最初に、対象となるサーバーが使用する証明書の 16 進数の拇印の値を探す必要があります。証明書の拇印は証明書 MMC スナップインを使って見つけられる場合があります。証明書スナップインで、証明書のプロパティ ページを開いて [詳細] タブを参照してください。



  • TerminalName
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

ターミナルの名前です。



  • TerminalProtocol
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

セッション層プロトコルの名前です。例: Microsoft RDP 5.0。



  • Transport
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

接続に使用したトランスポートの種類を表示します: 例 TCP、NETBIOS、IPX/SPX。



  • WindowsAuthentication
 Data Type: uint32
 Access Type: Read/Write

別の認証パッケージがシステムにインストールされている場合、接続が標準 Windows 認証に対する既定になるかどうかを指定します。





メソッド リスト

  • SetEncryptionLevel
暗号化のレベルを低、中、または高のいずれか 1 つに設定します。関数は、次の暗号化のレベルを指定するパラメータを 1 つ取ります: 1 = 低、2 = 中、3 = 高、および 4=FIPS 準拠。

  • SetSecurityLayer
セキュリティ層を、RDP セキュリティ層、ネゴシエートまたは SSL のいずれかに設定します。この関数にはセキュリティ層を指定するパラメータが 1 つあります: 0 = RDP セキュリティ層、1 = ネゴシエート、2 = SSL。現在の暗号化レベルが 1 のときには、セキュリティ層 = 2 の設定は無効であることに注意してください。



WQL サンプル (e.g. VB/PowerShell)

Win32_TSGeneralSetting

VB6/VBS
SWbemServicesクラスのExecQueryメソッドからWQLを実行可能です。
Set PrcSet = Service.ExecQuery("Win32_TSGeneralSetting")

VB.Net
ObjectQueryクラスのQueryStringプロパティにWQLを設定し、ManagementObjectSearcherクラスのGetメソッドからWQLを実行可能です。
Searcher.Query.QueryString = "Win32_TSGeneralSetting"
PrcSrc = Searcher.Get

PowerShell
Get-WmiObjectコマンドレットのqueryオプションを指定しWQLを実行可能です。
Get-WmiObject -query "Win32_TSGeneralSetting"


このサイトの情報について

このコンテンツはWMIの各コンポーネントが持っているWin32_TSGeneralSettingクラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
参照したWMIの名前空間はroot/CIMV2、参照OS環境はWindows 2000以降のOSを対象としております。

WMIの使い方(VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShellを対象)に関してはWMI Stepも参考にしてみてください。(WMI初心者・入門編としてもおすすめです。)
各種言語を使用したWMIを使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。


ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…