WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_TerminalServiceSetting クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンに負荷のかからないウィルス対策なら ESET パーソナル セキュリティ
話題のプリウス、ディーラーオプションもネットで気軽に購入
家族でのんびり北海道旅行はいかがですか?広い台地でのんびり〜

Win32_TerminalServiceSetting クラス - WMI Library

Win32_TerminalServiceSetting クラスの説明

Win32_TerminalServiceSetting クラスは TerminalServerSetting の構成を定義します。これにはターミナル サーバー モード、ライセンス、アクティブ デスクトップ、アクセス許可機能、一時フォルダの削除およびセッションごとの一時フォルダが含まれます。
WMI Providerは、Win32_WIN32_TERMINALSERVICESETTING_Provです。



プロパティ リスト

  • ActiveDesktop
 Data Type: uint32
 Access Type: Read/Write

アクティブ デスクトップ ビットです。



  • AllowTSConnections
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

新しい TS 接続が許可されているかどうかを説明します。



  • Caption
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

CIM_Setting オブジェクトの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • DeleteTempFolders
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

終了ビットの一時フォルダを削除します。



  • Description
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

CIM_Setting オブジェクトの説明です。



  • DirectConnectLicenseServers
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

ライセンス サーバーの一覧を列挙します。



  • DisableForcibleLogoff
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

コンソールにログオンした管理者がログオフできるかどうかを示します。



  • FallbackPrintDriverType
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

戻し先のプリンタ ドライバを示します。



  • HomeDirectory
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

コンピュータのホーム ディレクトリを説明します。



  • LicensingDescription
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

ライセンス モードに関する簡単な説明です



  • LicensingName
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

ライセンス モード名



  • LicensingType
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ライセンス モードの修飾子



  • Logons
 Data Type: string
 Access Type: Read/Write

新しいセッションが許可されているかどうかを示します。この設定は Windows 2000 ビルド以降の既存のセッションに影響しません



  • ProfilePath
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

コンピュータのプロファイル パスを説明します。



  • ServerName
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

プロパティを参照するターミナル サーバーの名前です。



  • SettingID
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

CIM_Setting オブジェクトを認識する識別子です。



  • SingleSession
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ユーザー 1 人あたりにセッションが 1 つだけ許可されているかどうかを示します。



  • TerminalServerMode
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ターミナル サービスのモードの修飾子



  • TimeZoneRedirection
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

タイム ゾーンのリダイレクトが有効か無効かを示します。



  • UserPermission
 Data Type: uint32
 Access Type: Read/Write

アプリケーションの互換ビットです。



  • UseTempFolders
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

セッションごとの単位で一時フォルダを使用します。





メソッド リスト

  • AddDirectConnectLicenseServer
エンタープライズのライセンス サーバーを構成します

  • ChangeMode
ターミナル サーバーのモードに基づいてライセンスの種類を構成します: リモート管理モードでは管理用リモート デスクトップに、アプリケーション サーバー モードでは接続デバイス数および接続ユーザー数に、パーソナル ターミナル サーバー モードではパーソナル ターミナル サーバーに構成します。

  • DeleteDirectConnectLicenseServer
エンタープライズからライセンス サーバーを削除します

  • SetAllowTSConnections
新しい TS 接続を許可または拒否します。

  • SetDisableForcibleLogoff
コンソールにログオンしている管理者のログオフを有効または無効にします。

  • SetFallbackPrintDriverType
戻し先のプリンタを次のいずれかで設定します: 0=戻し先のプリンタ ドライバを指定しない、1=最適なものを推測する、2=最適なものを推測し一致するものが見つからない場合は PCL に戻す、3=最適なものを推測し一致するものが見つからない場合は PS に戻す、4=最適なものを推測し一致するものが見つからない場合は PCL と PS ドライバを両方表示する。

  • SetHomeDirectory
コンピュータのホーム ディレクトリを設定します。

  • SetPolicyPropertyName
PropertyName は文字列プロパティで、DeleteTempFolders か UseTempFolders のいずれかです。これらは、値を 0 か 1 に設定することにより False か True が設定されるフラグです。呼び出しは成功には 0 を返し、ポリシーがグループ ポリシーに設定された場合はエラーを返します。

  • SetProfilePath
コンピュータのプロファイル パスを設定します。

  • SetSingleSession
新しい TS 接続を許可または拒否します。

  • SetTimeZoneRedirection
タイム ゾーンのリダイレクトを有効または無効にします。



WQL サンプル (e.g. VB/PowerShell)

Win32_TerminalServiceSetting

VB6/VBS
SWbemServicesクラスのExecQueryメソッドからWQLを実行可能です。
Set PrcSet = Service.ExecQuery("Win32_TerminalServiceSetting")

VB.Net
ObjectQueryクラスのQueryStringプロパティにWQLを設定し、ManagementObjectSearcherクラスのGetメソッドからWQLを実行可能です。
Searcher.Query.QueryString = "Win32_TerminalServiceSetting"
PrcSrc = Searcher.Get

PowerShell
Get-WmiObjectコマンドレットのqueryオプションを指定しWQLを実行可能です。
Get-WmiObject -query "Win32_TerminalServiceSetting"


このサイトの情報について

このコンテンツはWMIの各コンポーネントが持っているWin32_TerminalServiceSettingクラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
参照したWMIの名前空間はroot/CIMV2、参照OS環境はWindows 2000以降のOSを対象としております。

WMIの使い方(VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShellを対象)に関してはWMI Stepも参考にしてみてください。(WMI初心者・入門編としてもおすすめです。)
各種言語を使用したWMIを使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。


ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…