WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_TerminalService クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT 関連情報を気軽に知りたい方へ、キーマンズネットがおすすめです
私も使っていますお勧め SIM フリースマホ ASUS Zenfone
DMM mobile なら常に格安 SIM 業界最安値水準で使えます

Win32_TerminalService クラス - WMI Library

Win32_TerminalService クラスの説明

Win32_TerminalService クラスはターミナル サービスの負荷分散インジケーターを提供します。
WMI Provider は、Win32_WIN32_TERMINALSERVICE_Prov です。



プロパティ リスト

  • AcceptPause
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    AcceptPause プロパティは、サービスが一時停止できるかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE は、サービスが一時停止できることを示します。



  • AcceptStop
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    AcceptStop プロパティは、サービスが停止できるかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE は、サービスが停止できることを示します。



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CheckPoint
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    CheckPoint プロパティでは、開始、停止、一時停止、または続行の操作に時間がかかるときに、進行状況を報告するために、サービスによって定期的に増加される値が指定されます。たとえば、起動時に初期化の各段階が完了するにつれ、サービスによりこの値が増加します。サービスの操作を起動したユーザー インターフェイス プログラムによりこの値が使用され、非常に長い操作の間のサービスの進行状況が管理されます。この値は、サービスに保留中の開始、停止、一時停止、または続行操作がないときには有効ではなく、0 になる必要があります。



  • CreationClassName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CreationClassName は、インスタンスの作成で使用されるクラス名、またはサブクラス名を示します。このクラスの他のキー プロパティと一緒に使用すると、このクラスおよびそのサブクラスのインスタンスすべてがこのプロパティによって一意に識別されます。



  • DelayedAutoStart
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    DelayedAutoStart プロパティは、他の自動開始サービスが開始された後に短い待ち時間でサービスが開始されるかどうかを指定します。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • DesktopInteract
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    DesktopInteract プロパティは、サービスがデスクトップ上でウィンドウを作成できるかどうか、またはウィンドウと通信できるかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE は、デスクトップ上のウィンドウを作成できること、またはデスクトップ上のウィンドウと通信できることを示します。



  • DisconnectedSessions
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このサーバーで切断されたセッションの数です。これらのセッションがまだサーバーのリソースを消費している可能性がありますが、これらのセッションは現在ネットワークを持っていません。



  • DisplayName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    DisplayName プロパティは、サービスの表示名を示します。この文字列は最大 256 文字です。名前はサービス コントロール マネージャーで大文字と小文字が区別されます。DisplayName 比較は常に大文字と小文字は区別しません。
    制約: Name プロパティと同じ値を受け取ります。
    例: Atdisk



  • ErrorControl
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このサービスがスタートアップ中に開始しない場合、ErrorControl プロパティによりエラーの重大度が指定されます。値は、エラーが発生する場合にスタートアップ プログラムに実行される動作を示します。すべてのエラーがコンピューター システムによってログとして記録されます。コンピューター システムはユーザーに "無視" エラーを通知しません。"通常" のエラーがあると、ユーザーは通知されます。"重大" なエラーがあると、システムは最後の正しい構成で再起動します。最後に、"致命的" エラーでは、システムは正しい構成で再起動されます。



  • ExitCode
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ExitCode プロパティにより、サービスの開始または停止時に発生したあらゆる問題を定義する Win32 エラー コードが指定されます。このプロパティはエラーがこのクラスに表されるサービスに一意なときに ERROR_SERVICE_SPECIFIC_ERROR (1066) に設定され、エラーに関する情報が ServiceSpecificExitCode メンバーで利用できます。サービスは、実行して通常の終了時にこの値を NO_ERROR に設定します。



  • InstallDate
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティは、サービスを一意に識別し、管理対象の機能について表示を提供します。管理対象の機能はオブジェクトの Description プロパティで詳細に説明されます。



  • PathName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    PathName プロパティには、サービスを実装するサービス バイナリ ファイルへの完全なパスが含まれています。
    例: \SystemRoot\System32\drivers\afd.sys



  • ProcessId
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ProcessId プロパティにより、サービスのプロセス識別子が指定されます。
    例: 324



  • ServiceSpecificExitCode
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ServiceSpecificExitCode プロパティにより、サービスの開始中または停止中で発生するエラーのサービス固有のエラー コードが指定されます。終了コードはこのクラスで表されたサービスによって定義されています。この値は ExitCodeproperty 値が ERROR_SERVICE_SPECIFIC_ERROR, 1066 のときのみ設定されます。



  • ServiceType
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    [サービスの種類] プロパティで、呼び出し処理に与えられるサービスの種類が提供されます。



  • Started
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    Started はサービスが開始したか (TRUE)、または停止したか (FALSE) を示すブール値です。



  • StartMode
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    StartMode プロパティは、Win32 ベースのサービスの開始モードを示します。"ブート" により、オペレーティング システム ローダで開始されるデバイス ドライバーが指定されます。この値はドライバー サービスのみに有効です。"システム" により、IoInitSystem 関数で開始するデバイス ドライバーが指定されます。この値はドライバー サービスのみに有効です。"自動" により、システムが起動する間にサービス コントロール マネージャーによってサービスが自動的に開始するように指定されます。"手動" により、プロセスが StartService 関数を呼び出すときにサービス コントロール マネージャーによってサービスが開始するように指定されます。"無効" により、今後開始されないサービスが指定されます。



  • StartName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    StartName プロパティは、サービスが実行されるアカウント名を示します。アカウント名はサービスの種類によって異なりますが、形式は "ドメイン名\ユーザー名" となります。サービス処理の実行時にはこの 2 つの形式のうちの 1 つを使ってログオンします。アカウントが内蔵のドメインに属している場合は、".\ユーザー名" が指定されます。NULL が指定されると、サービスは LocalSystem アカウントとしてログオンします。カーネル、またはシステム レベルのドライバーの場合、入出力 (I/O) システムがデバイス ドライバーを読み込むのに使用するドライバー オブジェクト名 (\FileSystem\Rdr or \Driver\Xns) が StartName に含まれます。さらに、NULL が指定されると、ドライバーは、サービス名に基づく I/O システムで作成された既定のオブジェクト名で実行されます。
    例: DWDOM\Admin



  • State
  • Data Type: string
    Access Type: Read Write

    Status プロパティは、基本サービスの現在の状態を示します。



  • Status
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • SystemCreationClassName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    スコーピング システムの CreationClassName です。



  • SystemName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このサービスのホストになるシステム名です



  • TagId
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    TagId プロパティにより、グループのこのサービスに対する一意なタグ値が指定されます。値 0 はサービスがタグに割り当てられていないことを示します。タグは、次の場所にあるレジストリのタグ順序ベクトルを指定することによって読み込み順序グループ内のサービス セットアップの順序を付けるために使用されます: HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\GroupOrderList. タグは、"ブート" または "システム" の開始モードを備えた、カーネル ドライバーとファイル システム ドライバーの開始の種類のサービスでのみ評価されます。



  • TotalSessions
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このサーバーのセッションの合計数です。これは接続されたセッションと切断されたセッションの両方を含みます。



  • WaitHint
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    WaitHint プロパティにより、保留中の開始、停止、一時停止、または操作の継続に必要な予想時間がミリ秒で指定されます。指定された時間が経過した後で、サービスにより増加された CheckPoint 値か CurrentState の変更のどちらかで SetServiceStatus 機能への次の呼び出しが行われます。 WaitHint で指定された時間が過ぎ、CheckPoint が増加されていないか Current State が変更されていない場合、サービス コントロール マネージャーまたはサービス コントロール プログラムによりエラーが発生したことが予想されます。




    メソッド リスト

  • StartService
  • StartService メソッドによって、サービスがスタートアップ状態に置かれます。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • StopService
  • StopService メソッドによって、サービスが停止された状態に置かれます。サービスが正常に停止すると整数 0 が返され、要求がサポートされない場合は 1 が返されます。エラーを示す場合は、ほかの数字が返されます。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • PauseService
  • PauseService メソッドによって、サービスが一時停止された状態に置かれます。PauseService 要求が受け入れられると整数値 0 が返され、要求がサポートされない場合は 1 が返されます。エラーを示す場合は、ほかの数字が返されます。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • ResumeService
  • ResumeService メソッドによって、サービスが再開状態に置かれます。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • InterrogateService
  • InterrogateService メソッドによって、サービスが状態をサービス マネージャーに更新することが要求されます。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • UserControlService
  • UserControlService メソッドによって、ユーザー定義の制御コードがサービスに送信されます。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • Create
  • Create メソッドによって、新しいサービスが作成されます。Win32_LoadOrderGroup パラメーターは、実行依存関係を定義するシステム サービスのグループを表します。サービスは、互いに依存関係にあるので Load Order Group で指定されている順序で開始される必要があります。これらの依存型サービスが正しく機能するためには、前提サービスが存在することが必要です。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • Change
  • Change メソッドによって、サービスが変更されます。Win32_LoadOrderGroup パラメーターは、実行依存関係を定義するシステム サービスのグループを表します。サービスは、互いに依存関係にあるので Load Order Group で指定されている順序で開始される必要があります。これらの依存型サービスが正しく機能するためには、前提サービスが存在することが必要です。
    注意: Change メソッドを使用してサービスをネットワーク サービスからローカル システムに変更するためには、StartName および StartPassword 入力パラメーターに次の値を指定してください:
    startname = "localsystem"
    startpassword = ""これは重要なことで、空の文字列で、null ではないことが必要です。
    To change to network service:
    startname = "NT AUTHORITY\NetworkService"
    startpassword = ""
    メソッドは次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    1 - 要求はサポートされていません。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • ChangeStartMode
  • ChangeStartMode メソッドによって、サービスの StartMode が変更されます。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • Delete
  • Delete メソッドによって、既存のサービスが削除されます。次の整数値の 1 つを返します:
    0 - 要求が受け入れられました。
    2 - ユーザーに必要なアクセスがありません。
    3 - そのサービスは、実行中のほかのサービスが依存しているので停止できません。
    4 - 要求された制御コードは有効でないか、またはサービスを受け入れ可能ではありません。
    5 - サービスの状態 (Win32_BaseService:State) が 0、1、または 2 と等しいので、要求された制御コードはサービスに送信されませんでした。
    6 - サービスは開始されていません。
    7 - サービスは適切な時間内に開始要求に応答しませんでした。
    8 - サービスの開始時に不明なエラーが発生しました。
    9 - サービス実行可能ファイルへのディレクトリ パスが見つかりませんでした。
    10 - サービスは既に実行しています。
    11 - 新しいサービスを追加するデータベースはロックされています。
    12 - このサービスが依存する依存関係はシステムから削除されました。
    13 - サービスは依存関係のあるサービスから必要なサービスを見つけられませんでした。
    14 - サービスはシステムから無効になっています。
    15 - サービスにはシステムで実行するための正しい承認がありません。
    16 - このサービスはシステムから削除されているところです。
    17 - サービスに実行スレッドがありません。
    18 - サービスの開始時に循環依存があります。
    19 - 同じ名前で実行中のサービスがあります。
    20 - サービスの名前に無効な文字があります。
    21 - 無効なパラメーターがサービスに渡されました。
    22 - このサービスが実行するアカウントは、無効か、またはサービスを実行するアクセス許可がロックされています。
    23 - サービスは、システムから利用できるサービスのデータベースにあります。
    24 - サービスは現在システムで一時停止されています。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • GetSecurityDescriptor
  • サービスのセキュリティ記述子の構造表示を取得します。
    メソッドは次のように解釈される整数値を返します:
    0 - 正常に完了しました。
    2 - ユーザーは要求された情報にアクセスしていません。
    8 - 不明なエラーです。
    9 - ユーザーに十分な特権がありません。
    21 - 指定したパラメーターが無効です。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • SetSecurityDescriptor
  • サービスのセキュリティ記述子を指定の構造に設定します。
    メソッドは次のように解釈される整数値を返します:
    0 - 正常に完了しました。
    2 - ユーザーは要求された情報にアクセスしていません。
    8 - 不明なエラーです。
    9 - ユーザーに十分な特権がありません。
    21 - 指定したパラメーターが無効です。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。




    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_TerminalService

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_TerminalService")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_TerminalService")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_TerminalService"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_TerminalService"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_TerminalService"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_TerminalService


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_TerminalService クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…