WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_ShadowCopy クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT 関連情報を気軽に知りたい方へ、キーマンズネットがおすすめです
私も使っていますお勧め SIM フリースマホ ASUS Zenfone
DMM mobile なら常に格安 SIM 業界最安値水準で使えます

Win32_ShadowCopy クラス - WMI Library

Win32_ShadowCopy クラスの説明

Win32_ShadowCopy クラスは、過去における何回かの元のボリュームの重複したコピーを表す記憶域拡張です。
WMI Provider は、MSVSS__PROVIDER です。



プロパティ リスト

  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • ClientAccessible
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    ClientAccessible プロパティにより、シャドウ コピーが Windows の前のバージョンのコンポーネントによって作成されたかどうか示されます。



  • Count
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    Count プロパティは、このシャドウ コピーが属しているシャドウ コピー セットの中のシャドウ コピー数です。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • DeviceObject
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    DeviceObject プロパティは、元のボリュームをサポートする基礎記憶域デバイスの Windows オブジェクト マネージャー名です。



  • Differential
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    Differential プロパティにより、シャドウ コピーが別のシャドウ コピー プロバイダーによって作成されたかどうかが示されます。プロバイダーは、ハードウェアまたはソフトウェアで実装できます。



  • ExposedLocally
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    ExposedLocally プロパティにより、シャドウ コピーがドライブ文字またはマウント ポイントでローカル コンピューターで露出されているかどうかが示されます。このフラグおよび ExposedRemotely フラグが設定されていない場合は、シャドウ コピーは隠れています。



  • ExposedName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ExposedName プロパティは、シャドウ コピーが露出されているときのシャドウ コピーのファイル システム名です。このプロパティには、ドライブ文字またはマウント ポイントが含まれている可能性があります。このプロパティは、シャドウ コピーが隠れているか、または露出されていないときには NULL です。



  • ExposedPath
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ExposedPath プロパティは、シャドウ コピーが露出されているときのシャドウ コピーのファイル システム パスです。このプロパティは、シャドウ コピーが隠れているか、または露出されていないときには NULL です。



  • ExposedRemotely
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    ExposedRemotely プロパティにより、シャドウ コピーがネットワーク共有でリモート コンピューターで露出されているかどうかが示されます。このフラグおよび ExposedLocally フラグが設定されていない場合は、シャドウ コピーは隠れています。



  • HardwareAssisted
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    HardwareAssisted プロパティにより、シャドウ コピーがハードウェア シャドウ コピー プロバイダーによって作成されたかどうかが示されます。



  • ID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ID プロパティにより、システム上のシャドウ コピーが一意に識別されます。



  • Imported
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    Imported プロパティにより、シャドウ コピーが ShadowCopy 作成メソッドを使って作成されたのではなく、インポート メソッドを使ってこのコンピューターにインポートされたかどうかが示されます。



  • InstallDate
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • NoAutoRelease
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    NoAutoRelease プロパティにより、シャドウ コピー要求側の処理が終了したときにシャドウ コピーが自動的に削除されるかどうかが示されます。このプロパティが TRUE の場合、シャドウ コピーは要求側の処理の終了後も保持されます。



  • NotSurfaced
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    シャドウ コピーは現在、ローカル コンピューターのデバイス名前空間にはありません。



  • NoWriters
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    NoWriters プロパティにより、シャドウ コピーがシャドウ コピー ライターのコンポーネントの関与があって作成されたかどうかが示されます。



  • OriginatingMachine
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    OriginatingMachine プロパティにより、元のボリュームをホストしているコンピューターが示されます。



  • Persistent
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    Persistent プロパティにより、シャドウ コピーが再起動中に固定されているかどうか示されます。



  • Plex
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    Plex プロパティにより、シャドウ コピーが分割ミラー シャドウ コピー プロバイダーによって作成されたかどうかが示されます。プロバイダーは、ハードウェアまたはソフトウェアで実装できます。



  • ProviderID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ProviderID により、シャドウを作成したシャドウ プロバイダーが一意に識別されます。



  • ServiceMachine
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ServiceMachine プロパティにより、現在シャドウ コピーにサービスを提供しているコンピューターが示されます。



  • SetID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    SetID により、シャドウが属しているシャドウ コピー セットが一意に識別されます。



  • State
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    State プロパティで、シャドウ コピーの現在の状態が説明されます



  • Status
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Transportable
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    Transportable プロパティによって、シャドウ コピーをほかのコンピューターの表面に現すことが可能かどうかが示されます。このプロパティが FALSE でボリュームがローカルの表面に現されている場合は、後でシャドウ コピーを別のコンピューターの表面に現すことができない可能性があります。



  • VolumeName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    VolumeName プロパティにより、シャドウ コピーを取得した元のボリュームが示されます。




    メソッド リスト

  • Create
  • 指定されたコンテキストを使ってシャドウ コピーを作成します。



  • Revert
  • 元の記憶域ボリュームをこのシャドウ コピーに戻します。戻し終えた後、元のボリュームはこのシャドウ コピーと同じになり、それよりも新しいシャドウ コピーは削除されます。この操作を取り消したり操作後に元に戻したりすることはできません。そのシャドウ コピーの作成後に元のボリュームに書き込まれたデータはすべて失われます。




    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_ShadowCopy

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_ShadowCopy")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_ShadowCopy")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_ShadowCopy"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_ShadowCopy"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_ShadowCopy"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_ShadowCopy


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_ShadowCopy クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…