WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_ServiceSpecification クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
話題のプリウス、ディーラーオプションもネットで気軽に購入
家族でのんびり北海道旅行はいかがですか?広い台地でのんびり〜
毎日の仕事のお供におすすめミネラルウォータークリスタルカイザー

Win32_ServiceSpecification クラス - WMI Library

Win32_ServiceSpecification クラスの説明

このクラスのインスタンスは、関連付けされたパッケージと一緒にインストールされるサービスを表しています。
WMI Provider は、MSIProv です。
UUID は、{DBAD0F60-DB34-11d2-85FC-0000F8102E5F} です。



プロパティ リスト

  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CheckID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    チェックを一意に識別するためにほかのキーと関連して使用される識別子です。



  • CheckMode
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    CheckMode プロパティは、状態が環境に存在することが予想されるか、されないかを示すために使用されます。値が True のときは、条件があることが予想される (たとえば、ファイルがシステム上にあると予想される) ので、invoke() には True が返ることが予想されます。 値が False のときは、条件がないことが予想される (たとえば、ファイルがシステム上にない) ので、起動には false が返ることが予想されます。



  • Dependencies
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    この列は、サービス名またはこのサービスの前に開始する必要のあるシステムの読み込み順番グループ名の一覧です。一覧内の名前は Null によって区切られています。サービスが依存関係を持っていない場合は、Null または空の文字列が返されます。グループでの依存関係とは、すべてのメンバーの実行を試みた後にグループの少なくとも 1 つのメンバーが実行されている場合、このサービスが実行できることを意味します。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    オブジェクトの説明です。



  • DisplayName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このプロパティは、ユーザー インターフェイス プログラムがサービスを識別するために使用する文字列です。



  • ErrorControl
  • Data Type: sint32
    Access Type: Read Only

    この列により、サービスがスタートアップ中の開始に失敗した場合、スタートアップ プログラムに実行される動作が指定されます。次のエラー コントロール フラグの 1 つを、この列内で指定しなければなりません。
    次のテープル内のフラグに 0x08000 値を追加することにより、サービスがシステムにインストールできない場合、全体的にインストールが失敗することを指定します。


    スタートアップ プログラムの動作

    0x00000000
    エラーをログしてスタートアップ オペレーションを続行します。

    0x00000001
    エラーをログしメッセージ ボックスを表示して、スタートアップ オペレーションを続行します。

    0x00000003
    システムが正常な前回の構成で再起動されている場合は、可能であればエラーをログします。前回正常起動時の構成が開始されている場合、スタートアップ オペレーションは失敗します。



  • ID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    製品内でこのサービス仕様の項目を識別している固有キーです。



  • LoadOrderGroup
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このプロパティは、このサービスがメンバーである読み込み順番グループの名前を付ける文字列を含みます。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このソフトウェア要素を識別するのに使用される名前です。



  • Password
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    StratName に関連付けられたパスワードです。



  • ServiceType
  • Data Type: sint32
    Access Type: Read Only

    このプロパティは、サービスの種類を指定するビット フラグのセットです。
    次のサービスの種類の 1 つは、この列で指定される必要があります。
    サービスの種類

    説明

    SERVICE_WIN32_OWN_PROCESS
    0x00000010
    それ自身の処理を実行する Microsoft Win32(R) サービスです。

    SERVICE_WIN32_SHARE_PROCESS
    0x00000020
    処理を共有する Win32 サービスです。

    SERVICE_INTERACTIVE_PROCESS
    0x00000100A
    デスクトップと影響しあう Win32 サービスです。この値は単独で使用できず、以前の 2 つの種類の内の 1 つに追加されなければなりません。


    次のサービスの種類は、サポートされていません。
    サービスの種類

    説明

    SERVICE_KERNEL_DRIVER
    0x00000001
    ドライバー サービスです。

    SERVICE_FILE_SYSTEM_DRIVER
    0x00000002
    ファイル システム ドライバー サービスです。



  • SoftwareElementID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このソフトウェア要素の識別子です。



  • SoftwareElementState
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    ソフトウェア要素のソフトウェア要素状態です



  • StartName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このサービスを開始するために使用されるアカウント名です。



  • StartType
  • Data Type: sint32
    Access Type: Read Only

    このプロパティは、いつサービスを開始するかを指定するビット フラグのセットです。
    次のサービス開始の種類の 1 つはこの列で指定される必要があります。
    サービス開始の種類

    説明

    SERVICE_AUTO_START
    0x00000002
    システムのスタートアップ中のサービス開始です。

    SERVICE_DEMAND_START
    0x00000003
    サービス コントロール マネージャーが StartService 機能を呼び出す時のサービス開始です。

    SERVICE_DISABLED
    0x00000004
    開始されなくなったサービスを指定します。

    次のサービス開始の種類はドライバー サービスに対してのみ有効です。
    ドライバー サービス開始の種類
    ValueDescription

    SERVICE_BOOT_START
    0x00000000
    オペレーティング システム ローダーによって開始されたデバイス ドライバーです。

    SERVICE_SYSTEM_START
    0x00000001
    IoInitSystem 機能を呼び出すことによって開始されたデバイス ドライバーです。インストールの最中にドライバー サービスを開始するために、これを ServiceControl テーブルで InstallServices 動作の次に来る StartServices 動作と共に使用してください。



  • TargetOperatingSystem
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    このソフトウェア要素の対象オペレーティング システムです。



  • Version
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    バージョンの形式は、<メジャー>.<マイナー>.<リビジョン> または <メジャー>.<マイナー><レター><リビジョン> です。




    メソッド リスト

  • Invoke
  • Invoke メソッドにより特定のチェックが評価されます。CIM コンテキストで特定のチェックを評価するメソッドに関する詳細は、非抽象型 CIM_Check サブクラスで記述されています。メソッドの結果は、戻り値に基づいています。- 条件が満たされない場合は、0 が返ります。- メソッドがサポートされない場合は、1 が返ります。 - そのほかの値は条件が満たされないことを示します。




    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_ServiceSpecification

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_ServiceSpecification")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_ServiceSpecification")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_ServiceSpecification"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_ServiceSpecification"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_ServiceSpecification"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_ServiceSpecification


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_ServiceSpecification クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…