WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_SerialPortConfiguration クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
WMI スクリプトの実行結果を VBS を利用してメールで送信する方法を公開しています
パソコンに負荷のかからないウィルス対策なら ESET パーソナル セキュリティ
話題のプリウス、ディーラーオプションもネットで気軽に購入

Win32_SerialPortConfiguration クラス - WMI Library

Win32_SerialPortConfiguration クラスの説明

Win32_SerialPortConfiguration クラスは、Win32 シリアル ポートのデータ転送の既定の設定を表します。これには、接続とエラー チェックを確立するための既定の構成が含まれまれている可能性があります。
WMI Provider は、CIMWin32 です。
UUID は、{8502C4EB-5FBB-11D2-AAC1-006008C78BC7} です。



プロパティ リスト

  • AbortReadWriteOnError
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    AbortReadWriteOnError プロパティは、エラーが発生した場合に、読み取りおよび書き込みの操作を終了するかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、エラーが発生した場合にエラー状態の読み取りと書き込み操作すべてがドライバーによって終了されます。アプリケーションによってエラーが確認されるまで、ドライバーではこれ以降の通信操作が受け付けられません。



  • BaudRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    BaudRate プロパティは、通信デバイスが作動するボー レート (ビット/秒) を示します。
    例: 9600



  • BinaryModeEnabled
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    BinaryModeEnabled プロパティは、シリアル ポートでバイナリ モードのデータの転送が有効になっているかどうかを示します。Win32 システムではシリアル ポートをとおしてバイナリの転送だけができるので、この値は常に TRUE. になります。



  • BitsPerByte
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    BitsPerByte プロパティは、Win32 シリアル ポートで 1 バイトのデータに対して送受信されるビット数を示します。数はパリティ ビットなどのコントロールやエラー修正ビットで変わる可能性があります。
    例: 8



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • ContinueXMitOnXOff
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    ContinueXMitOnXOff プロパティにより、受信バッファーがほとんどいっぱいで XoffChar 文字が送信機に送信されたときに、データの転送を続行するかどうかが指定されます。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、入力バッファーが XoffLim バイトで一杯になりバイトの受信停止のためにドライバーにより XoffChar 文字が送信された後で送信が継続されます。FALSE の場合、入力バッファーが空の XonLim バイト内にあり、ドライバーにより受信の再開のために XonChar 文字が転送されるまで、転送は続行されません。



  • CTSOutflowControl
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    CTSOutflowControl プロパティにより、データを送信する前に Clear To Send (CTS) がオンにされたかどうかが判別されます。CTS により、シリアル接続の両デバイスがデータ転送の準備ができているというシグナルが送られます。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、CTS シグナルが指定されるまでデータ転送は中止されます。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトの説明です。



  • DiscardNULLBytes
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    DiscardNULLBytes プロパティにより、NULL バイト (文字) を受信したときに廃棄するかどうかが決定されます。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、NULL バイトが破棄されます。



  • DSROutflowControl
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    DSROutflowControl プロパティにより、データ セット レディ (DSR) 状態のときに、データ アウトフロー制御が有効になっているかどうかが判別されます。DSR により、シリアル接続のデバイスによって接続が確立されたことがシグナルで送られます。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、DSR シグナルが指定されるまで DSR データ転送は中止されます。



  • DSRSensitivity
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    DSRSensitivity プロパティにより、通信ドライバーが DSR シグナルの状態に反応するかどうかが指定されます。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、DSR モデム入力ラインが高くない限り、ドライバーにより受信されたバイトが無視されます。



  • DTRFlowControlType
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    DTRFlowControlType プロパティにより、接続が確立された後、使用するデータ ターミナル レディ (DTR) フロー制御が指定されます。通信ラインが確立された後で DTR は次の状態のいずれかになります: 有効は接続がアクティブであることを示します; 無効は一度受信された DTR が無視されることを示します; または DTR はデータ フロー制御フラグとして使用されます。



  • EOFCharacter
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    EOFCharacter プロパティにより、データの終わりを知らせるために使用される文字の値が指定されます。
    例: ^Z



  • ErrorReplaceCharacter
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ErrorReplaceCharacter プロパティにより、パリティ エラーで受信したバイトを置き換えるために使用する文字の値が指定されます。
    例: ^C



  • ErrorReplacementEnabled
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    ErrorReplacementEnabled により、パリティ エラーで受信したバイトを ErrorReplaceCharacter 値で置き換えるかどうかが指定されます。パリティ エラーの文字は、このメンバーが TRUE でありパリティが有効である場合にのみ置き換えられます。



  • EventCharacter
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    EventCharacter により、ファイルの終わりなどのイベントを知らせるために使用される制御文字の値が指定されます。
    例: ^e



  • IsBusy
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    IsBusy プロパティにより、シリアル ポートがビジー状態であるかどうかが判別されます。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、シリアル ポートはビジー状態です。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティは、Win32 シリアル ポートの名前を示します。
    例: COM1



  • Parity
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Parity プロパティにより、使用されるパリティ チェックのメソッドが指定されます。パリティは、追加のパリティ ビットがデータの各ユニットとともに含まれているエラー チェック テクニックとして使用されます。偶数パリティが使用される場合、パリティ ビットがビット セットの合計数が偶数になるように使用されます。受信者は、設定されたビットをカウントしてデータの有効性を確認できます。奇数パリティは、ビット セットのカウントが奇数であるようにパリティ ビットをセットします。マーク パリティではパリティ ビットは常に 1 に、スペース パリティではパリティ ビットは常に 0 にセットされます。
    例: 偶数



  • ParityCheckEnabled
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    ParityCheckEnabled プロパティにより、パリティ チェックが有効かどうかが決定されます。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、パリティ チェックは有効になります。



  • RTSFlowControlType
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    RTSFlowControlType プロパティにより、request-to-send (RTS) フロー制御が指定されます。 RTS はデータが転送のために利用できるというシグナルを送るために使用されます。このメンバーの使用には次が含まれます:
    Disable - RTS は最初の RTS が受信された後で無視されます。
    Enable - RTS はデータ転送セッションのためにオンの状態です。
    Handshake - RTS は転送バッファーが 3/4 より大きい場合はオフになり、半分より小さい場合はオンになります。
    Toggle - 転送用にバッファーされるデータがある場合、RTS はオンになります。



  • SettingID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトを認識する識別子です。



  • StopBits
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    StopBits により、使用されるストップ ビットの数が指定されます。StopBits により非同期シリアル接続のデータの各ユニットが分けられます。これらはまた、送信されるデータがないときに継続して送信されます。
    例: 1



  • XOffCharacter
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    XOffCharacter プロパティにより、送受信の XOFF 文字の値が指定されます。XOFF はデータの送信を停止するためのソフトウェア制御です (一方、RTS と CTS はハードウェア制御です)。XON は送信を再開します。



  • XOffXMitThreshold
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    XOffXMitThreshold プロパティにより、XOFF 文字が送信される前に入力バッファーで許可される最大バイト数が指定されます。



  • XOnCharacter
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    XOnCharacter プロパティにより、送受信の XON 文字の値が指定されます。XON はデータの送信を再開するためのソフトウェア制御です (一方、RTS と CTS はハードウェア制御です)。XOFF は送信を停止します。



  • XOnXMitThreshold
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    XOnXMitThreshold プロパティにより、XON 文字が送信される前に入力バッファーで許可される最大バイト数が指定されます。このメンバーは、データが転送される速度を規定する XOffXMitThreshold に関連して作動します。



  • XOnXOffInFlowControl
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    XOnXOffInFlowControl プロパティにより、操作中に XON/XOFF フロー制御が使用されるかどうかが指定されます。
    値は、TRUE または FALSE です。TRUE の場合、入力バッファーが XOffXMitThreshold バイトで一杯になったときに XOffCharacter が送信され、入力バッファーが XOnXMitThreshold バイトで空になったときに XOnCharacter が送信されます。



  • XOnXOffOutFlowControl
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    XOnXOffOutFlowControl により、送信中に XON/XOFF フロー制御が使用されるかどうかが指定されます。
    値は、TRUE または FALSE です。TRUE の場合、XOffCharacter が受信されると送信が停止し、XonCharacter が受信されると送信が再び開始します。




    メソッド リスト

    Win32_SerialPortConfiguration クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_SerialPortConfiguration

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_SerialPortConfiguration")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_SerialPortConfiguration")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_SerialPortConfiguration"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_SerialPortConfiguration"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_SerialPortConfiguration"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_SerialPortConfiguration


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_SerialPortConfiguration クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…