WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_Process クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
家族でのんびり北海道旅行はいかがですか?広い台地でのんびり〜
毎日の仕事のお供におすすめミネラルウォータークリスタルカイザー
電子タバコならやっぱりアイコス ネイビー

Win32_Process クラス - WMI Library

Win32_Process クラスの説明

Win32_Process クラスは、Win32 システムのイベントのシーケンスを表します。プロセッサまたはインタープリター、実行可能コードの一部、入力セットの一連の連続する操作は、このクラスの子孫 (またはメンバー) です。
例: Win32 システムで動作するクライアント アプリケーションです。
WMI Provider は、CIMWin32 です。
UUID は、{8502C4DC-5FBB-11D2-AAC1-006008C78BC7} です。



プロパティ リスト

  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CommandLine
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CommandLine プロパティにより、適用できる場合は、特定の処理を開始するのに使用されるコマンド ラインが指定されます。



  • CreationClassName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CreationClassName は、インスタンスの作成で使用されるクラス名、またはサブクラス名を示します。このクラスのほかのキーのプロパティと一緒に使用すると、このクラスおよびそのサブクラスのインスタンスすべてがこのプロパティによって一意に識別されます。



  • CreationDate
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    プロセスが実行開始した時刻です。



  • CSCreationClassName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CSCreationClassName にはスコーピング コンピューター システムの作成クラス名が含まれています。



  • CSName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    スコーピング コンピューター システムの名前です。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • ExecutablePath
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ExecutablePath プロパティは、プロセスの実行可能ファイルへのパスを示します。
    例: C:\WINDOWS\EXPLORER.EXE



  • ExecutionState
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    プロセスの現在の操作状態を示します。その他の値で含まれるものは、準備完了 (2)、実行中 (3) およびブロックされている (4) です。



  • Handle
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    プロセスを識別するのに使用される文字列です。プロセス ID はプロセス ハンドルです。



  • HandleCount
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    HandleCount プロパティにより、このプロセスで現在開かれているハンドルの合計が指定されます。この数は、このプロセスの各スレッドによって現在開いているハンドルの合計です。ハンドルはシステム リソースを調べるか、または変更するために使用されます。各ハンドルには、内部的に維持されたテーブルのエントリがあります。これらのエントリには、リソースのアドレスとリソースの種類を認識する方法が含まれています。



  • InstallDate
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    N/A



  • KernelModeTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    カーネル モードでの時間 (100 ナノ秒) です。この情報が利用できない場合は、値 0 が使用されます。



  • MaximumWorkingSetSize
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    MaximumWorkingSetSize プロパティは、プロセスの動作セットの最大サイズを示します。プロセスのワーキング セットは、物理 RAM のプロセスに現在見えるメモリ ページのセットです。これらのページは、アプリケーションに常駐し利用可能で、ページ フォールトを発生させずに使用されます。
    例: 1413120



  • MinimumWorkingSetSize
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    MinimumWorkingSetSize プロパティは、プロセスの動作セットの最小サイズを示します。プロセスのワーキング セットは、物理 RAM のプロセスに現在見えるメモリ ページのセットです。これらのページは、アプリケーションに常駐し利用可能で、ページ フォールトを発生させずに使用されます。
    例: 20480



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • OSCreationClassName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    スコーピング オペレーティング システムの作成クラス名です。



  • OSName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    スコーピング オペレーティング システムの名前です。



  • OtherOperationCount
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    OtherOperationCount プロパティにより、読み取りおよび書き込み操作のほかに実行された I/O 操作の数が指定されます。



  • OtherTransferCount
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    OtherTransferCount プロパティにより、読み取りと書き込み操作以外の操作中に転送されたデータの量が指定されます。



  • PageFaults
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    PageFaults プロパティは、プロセスに生成されるページ フォールトの数を示します。
    例: 10



  • PageFileUsage
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    PageFileUsage プロパティは、プロセスに現在使用されているページ ファイル領域の量を示します。
    例: 102435



  • ParentProcessId
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ParentProcessId プロパティにより、このプロセスを作成したプロセスの一意な識別子が指定されます。プロセスの識別子番号が再使用され、これらによりプロセスの有効期間のプロセスだけが認識されます。ParentProcessId によって識別されるプロセスが終了することが可能で、ParentProcessId は実行プロセスを参照しません。ParentProcessId によりプロセス識別子を再使用するプロセスが正しく参照されていないことも予想されます。CreationDate プロパティは、指定された親がこのプロセスが作成された後に作成されたかどうかを決定するために使用されます。



  • PeakPageFileUsage
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    PeakPageFileUsage プロパティは、プロセス中に使用される最大のページ ファイル領域を示します。
    例: 102367



  • PeakVirtualSize
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    PeakVirtualSize プロパティにより、プロセスにより一度に使用される最大の仮想アドレス領域が指定されます。仮想アドレス領域の使用には、必ずしもディスクまたはメイン メモリ ページの対応する使用が含まれる必要はありません。ただし、仮想領域は限界があり、使用し過ぎると、ライブラリを読み込むプロセスの機能は制限されます。



  • PeakWorkingSetSize
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    PeakWorkingSetSize プロパティは、プロセスのワーキング セットのピークのサイズを示します。
    例: 1413120



  • Priority
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    Priority プロパティは、オペレーティング システム内でスケジュールされているプロセスの優先順位を示します。値が大きいほど、プロセスの優先順位が高くなります。優先度の値の範囲は 0 (最低の優先度) から 31 (最高の優先度) です。
    例: 7



  • PrivatePageCount
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    PrivatePageCount プロパティにより、このプロセスだけにアクセス可能な現在の割り当てページ数が指定されます。



  • ProcessId
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ProcessId プロパティには、プロセスを識別するのに使用されるグローバル プロセス識別子が含まれています。値は、プロセスが終了するまでプロセスの作成から有効です。



  • QuotaNonPagedPoolUsage
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    QuotaNonPagedPoolUsage プロパティは、プロセスに対する非ページ プールのクウォータ使用量を示します。
    例: 15



  • QuotaPagedPoolUsage
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    QuotaPagedPoolUsage プロパティは、プロセスに対するページ プールのクウォータ使用量を示します。
    例: 22



  • QuotaPeakNonPagedPoolUsage
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    QuotaPeakNonPagedPoolUsage プロパティは、プロセスに対する非ページ プールのピーク時のクウォータ使用量を示します。
    例: 31



  • QuotaPeakPagedPoolUsage
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    QuotaPeakPagedPoolUsage プロパティは、プロセスに対するページ プールのピーク時のクウォータ使用量を示します。
    例: 31



  • ReadOperationCount
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    ReadOperationCount プロパティにより、実行される読み取り操作数が指定されます。



  • ReadTransferCount
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    ReadTransferCount プロパティにより、読み取りデータ量が指定されます。



  • SessionId
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    SessionId プロパティにより、セッションが作成されるときにオペレーティング システムに生成される一意な識別子が指定されます。セッションは、特定のシステムでログインからログアウトまでの期間に及びます。



  • Status
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • TerminationDate
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    プロセスが停止または終了した時刻です。



  • ThreadCount
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ThreadCount プロパティにより、このプロセスでアクティブなスレッドの数が指定されます。命令はプロセッサでの実行の基本ユニットで、スレッドは命令を実行するオブジェクトです。すべての実行プロセスには少なくとも 1 つのスレッドがあります。このプロパティは、Windows NT のみを実行しているコンピューター用です。



  • UserModeTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    ユーザー モードでの時間 (100 ナノ秒) です。この情報が利用できない場合は、値 0 が使用されます。



  • VirtualSize
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    VirtualSize プロパティにより、プロセスにより使用されている仮想アドレス領域の現在のサイズがバイト数で指定されます。仮想アドレス領域の使用には、必ずしもディスクまたはメイン メモリ ページの対応する使用が含まれる必要はありません。仮想領域には限界があり、使用し過ぎるとプロセスによりライブラリの読み込み機能の限界に達します。



  • WindowsVersion
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    WindowsVersion プロパティは、プロセスが実行している Windows のバージョンを示します。
    例: 4.0



  • WorkingSetSize
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    ページ ベースのメモリ管理を使用するオペレーティング システムで、プロセスが効率的に実行されるために必要な、バイト数で表されたメモリ容量。利用可能なメモリ容量が不十分な場合 (ワーキング セットのサイズより小さい場合)、スラッシングが発生します。この情報が不明な場合、NULL または 0 が入力される必要があります。このデータが提供される場合は、実行段階でのプロセスのメモリ要求の変更がわかるように監視されます。



  • WriteOperationCount
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    WriteOperationCount プロパティにより、実行される書き込み操作の数が指定されます。



  • WriteTransferCount
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    WriteTransferCount プロパティにより、書き込まれるデータの量が指定されます。




    メソッド リスト

  • Create
  • KernelDumpOnly プロパティは、同じクラスの DebugInfoType のために使用されていません。今後の作業のすべてにこの新しいプロパティを使用する必要があります。
    KernelDumpOnly プロパティは、カーネル デバッグ情報のみがデバッグ ログ ファイルに書き込まれるかどうかを示します。
    値は TRUE または FALSE です。TRUE の場合は、カーネルの状態のみがシステム エラーのイベントのファイルに書き込まれます。FALSE の場合は、メモリの状態とエラーが発生したときにシステムに関する情報を提供できるデバイスの状態がシステムによりログに記録されます。



  • Terminate
  • Terminate メソッドはプロセスとそのスレッドのすべてを強制終了します。メソッドは次のように変換される整数値を返します:
    0 - 正常に完了しました。
    2 - ユーザーは要求された情報に対するアクセス権がありません。
    3 - ユーザーには十分な特権がありません。
    8 - 不明なエラーです。
    9 - 指定されたパスは存在しません。
    21 - 指定されたパラメーターは無効です。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。

    注意: SE_DEBUG_PRIVILEGE 特権には、このメソッドを呼び出すことが必要です。



  • GetOwner
  • GetOwner メソッドはプロセスが実行しているユーザー名とドメイン名を取得します。
    メソッドは次のように変換される整数値を返します:
    0 - 正常に完了しました。
    2 - ユーザーは要求された情報に対するアクセス権がありません。
    3 - ユーザーには十分な特権がありません。
    8 - 不明なエラーです。
    9 - 指定されたパスは存在しません。
    21 - 指定されたパラメーターは無効です。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • GetOwnerSid
  • GetOwnerSid メソッドはこのプロセスの所有者のセキュリティ ID (SID) を取得します。
    メソッドは次のように変換される整数値を返します:
    0 - 正常に完了しました。
    2 - ユーザーは要求された情報に対するアクセス権がありません。
    3 - ユーザーには十分な特権がありません。
    8 - 不明なエラーです。
    9 - 指定されたパスは存在しません。
    21 - 指定されたパラメーターは無効です。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • SetPriority
  • SetPriority メソッドはプロセスの実行優先度を変更します。リアルタイムに優先度を設定するためには、呼び出し元が SeIncreaseBasePriorityPrivilege を保持しなければなりません。この特権がない場合は、設定できる最も高い優先度は高優先度です。
    メソッドは次のように変換される整数値を返します:
    0 - 正常に完了しました。
    2 - ユーザーは要求された情報に対するアクセス権がありません。
    3 - ユーザーには十分な特権がありません。
    8 - 不明なエラーです。
    9 - 指定されたパスは存在しません。
    21 - 指定されたパラメーターは無効です。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • AttachDebugger
  • AttachDebugger メソッドはこのプロセスに対して現在登録されているデバッガーを起動します。ただし、ワトソン博士はサポートされていません。
    レジストリ キーに無効な文字列見つけた場合、または次のように変換される整数値を見つけた場合、メソッドは '一般エラー' を返します:
    0 - 正常に完了しました。
    2 - ユーザーは要求された情報に対するアクセス権がありません。
    3 - ユーザーには十分な特権がありません。
    8 - 不明なエラーです。
    9 - 指定されたパスは存在しません。
    21 - 指定されたパラメーターは無効です。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。



  • GetAvailableVirtualSize
  • GetAvailableVirtualSize メソッドは、このプロセスで使用できる仮想アドレス空間の空き領域の現在のサイズをバイト単位で取得します。
    このメソッドは、次のように変換される整数値を返します:
    0 - 正常に完了しました。
    2 - ユーザーは要求された情報に対するアクセス権がありません。
    3 - ユーザーには十分な特権がありません。
    8 - 不明なエラーです。
    9 - 指定されたパスは存在しません。
    21 - 指定されたパラメーターは無効です。
    その他 - 上の一覧以外の整数値については Win32 エラー コードのドキュメントを参照してください。




    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_Process

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_Process")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_Process")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_Process"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_Process"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_Process"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_Process


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_Process クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…