WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PhysicalMemoryArray クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
ATM 利用時の入出金手数料が最大 7 回/月無料、楽天銀行
WMI スクリプトの実行結果を VBS を利用してメールで送信する方法を公開しています
パソコンに負荷のかからないウィルス対策なら ESET パーソナル セキュリティ

Win32_PhysicalMemoryArray クラス - WMI Library

Win32_PhysicalMemoryArray クラスの説明

Win32_PhysicalMemoryArray クラスは、コンピューター システムの物理メモリに関する詳細情報を表します。これには、メモリ デバイスの数、利用可能なメモリ機能、およびメモリの種類 (たとえば、システム メモリまたはビデオ メモリ) が含まれます。
WMI Provider は、CIMWin32 です。
UUID は、{FAF76B99-798C-11D2-AAD1-006008C78BC7} です。



プロパティ リスト

  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CreationClassName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CreationClassName は、インスタンスの作成で使用されるクラス名、またはサブクラス名を示します。このクラスのほかのキーのプロパティと一緒に使用すると、このクラスおよびそのサブクラスのインスタンスすべてがこのプロパティによって一意に識別されます。



  • Depth
  • Data Type: real32
    Access Type: Read Only

    物理パッケージのインチ単位のデプスです。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Height
  • Data Type: real32
    Access Type: Read Only

    物理パッケージのインチ単位の高さ



  • HotSwappable
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    物理パッケージは、含まれるパッケージによって電源が適用される間 ('オン' のとき) に、物理的に違うが同等の要素に置き換えることができる場合にはホット スワップが可能です。たとえば、SCA 接続に使用される挿入済みディスク ドライブ パッケージは取り外し可能で、ホット スワップされます。ホット スワップが可能なすべてのパッケージは取り外しと置き換えが可能です。



  • InstallDate
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Location
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    Location プロパティは、メモリ配列の物理的な場所を示します。



  • Manufacturer
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    物理要素の生産に責任がある組織の名前です。これは要素の購入先のエンティティである可能性がありますが、true である必要はありません。後者の情報は CIM_Product の Vendor プロパティに含まれています。



  • MaxCapacity
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このプロパティは非推奨です。MaxCapacityEx を使用してください



  • MaxCapacityEx
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    MaxCapacity プロパティは、この特定のメモリ配列でインストールできるメモリの最大サイズ (バイト) を示します。サイズが不明な場合、プロパティには値 0 が指定されます。



  • MemoryDevices
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    MemoryDevices プロパティは、このメモリ配列で利用できる物理スロットまたは物理ソケットの数を示します。



  • MemoryErrorCorrection
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    MemoryErrorCorrection プロパティは、メモリ配列によって使用されるエラー修正の種類を示します。



  • Model
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    物理要素の一般的な認識名です。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • OtherIdentifyingInfo
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    OtherIdentifyingInfo により、物理要素の識別に使用される追加データが資産タグ情報から得られます。資産タグもある要素に関連するバー コード データは 1 例です。バー コード データだけが利用可能で、要素キーとして使用されるために一意である場合、このプロパティは NULL で、タグ プロパティのクラス キーとして使用されるバー コード データであることに注意してください。



  • PartNumber
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    物理的要素の生産または製造に責任がある組織によって割り当てられた部品番号です。



  • PoweredOn
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    物理要素の電力がオン (TRUE) になるか、オフ (FALSE) になるかを示すブール値です。



  • Removable
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    物理パッケージは、通常物理パッケージがある物理コンテナーから、パッケージ全体の機能を損なわないで出し入れできるように設計されていれば取り外すことができます。取り外すために電源を 'オフ' にする必要がある場合もパッケージを取りはずすことができます。電源が 'オン' の状態でパッケージが取り外し可能な場合は、要素は取り外し可能でホット スワップできます。たとえば、ラップトップの余分なバッテリは取り外し可能で、SCA コネクタを使用して挿入したディスク ドライブ パッケージと同様です。ただし、後者はホット スワップ可能です。ラップトップの画面は取り外し可能でも、非冗長電源供給でもありません。これらのコンポーネントを取り外すとパッケージ全体の機能に影響を及ぼすか、または、パッケージの強い統合によりこれらのコンポーネントを取り外すことは不可能です。



  • Replaceable
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    物理パッケージは、物理的に違う要素に置き換えることができる場合 (FRU または更新)、置き換え可能です。たとえば、コンピューター システムにより、メイン プロセッサ チップがより速いクロック速度に更新されます。この場合、プロセッサは置き換え可能です。ほかの例はスライド レールにマウントされている電力供給パッケージです。すべての取り外し可能なパッケージは置き換え可能です。



  • SerialNumber
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    物理要素の認識に使用される製造元に割り当てられた番号です。



  • SKU
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    この物理要素の SKU 数です。



  • Status
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Tag
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Tag プロパティには、物理メモリ配列を一意に認識する文字列が含まれています。
    例: 物理メモリ配列 1 です。



  • Use
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    Use プロパティは、メモリがコンピューター システムで使用される方法を示します。



  • Version
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    物理要素のバージョンを示す文字列です。



  • Weight
  • Data Type: real32
    Access Type: Read Only

    物理的パッケージの重さ (ポンド) です。



  • Width
  • Data Type: real32
    Access Type: Read Only

    物理的パッケージの幅 (インチ) です。




    メソッド リスト

  • IsCompatible
  • IsCompatible メソッドにより、参照された物理要素が物理パッケージに含まれているか、または物理パッケージに挿入されている可能性があるかどうかが確認されます。要求が正常に返された場合は、整数値 0 を返します。要求がサポートされていない場合は 1 を、ほかのすべての値はエラーを示します。サブクラスでは、可能な返信コードのセットはメソッド上の ValueMap 修飾子を使って指定することも可能です。ValueMap に含まれる文字列は '変換済み' です。値の配置修飾子としてサブクラスで指定される場合もあります。




    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_PhysicalMemoryArray

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PhysicalMemoryArray")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PhysicalMemoryArray")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PhysicalMemoryArray"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PhysicalMemoryArray"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_PhysicalMemoryArray"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_PhysicalMemoryArray


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_PhysicalMemoryArray クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…