WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfRawData_
UGTHRSVC_SearchGatherer クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる車は新車購入支援サイト オートックワンで最短 60 秒で見積もり OK
常に話題の最先端を行くスマートフォンは、 Apple iPhone
ふるさと納税で日本を元気にしましょう!

Win32_PerfRawData_
UGTHRSVC_SearchGatherer クラス - WMI Library

Win32_PerfRawData_
UGTHRSVC_SearchGatherer クラスの説明

Windows Search サービスの Gathering サービス オブジェクトのカウンターです
WMI Provider は、WmiPerfInst です。



プロパティ リスト

  • ActiveQueueLength
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ロボット スレッドを待機中のドキュメントの数です。この数値が 0 以外の場合、すべてのスレッドがフィルター処理中であることを示します。



  • AdminClients
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    現在接続されている管理クライアントの数です。



  • AllNotificationsReceived
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ファイル システムを含むすべての通知ソースから受信した通知の合計数です。



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • DelayedDocuments
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    サイト ヒット頻度ルールにより遅延したドキュメントの数です。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの説明です。



  • DocumentEntries
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    現在メモリに入っているドキュメント エントリの数です。0 はインデックス作成の処理が行われていないことを示します。



  • DocumentsDelayedRetry
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    タイムアウトした際に再試行されるドキュメントの数です。この数が 0 でない場合は、クロール中のローカル サーバーがシャットダウンしていることを示します。



  • DocumentsFiltered
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    フィルター オブジェクトが作成された回数です。システムの起動時からの、フィルター処理されたドキュメントの合計数に対応します。



  • DocumentsFilteredRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりにフィルター処理されるドキュメントの数です。



  • DocumentsSuccessfullyFiltered
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    正常にフィルター処理されたドキュメントの数です。



  • DocumentsSuccessfullyFilteredRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりに正常にフィルター処理されたドキュメントの数です。



  • ExtNotificationsRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりの外部通知の受信率です。



  • ExtNotificationsReceived
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    すべての通知ソース (ファイル システムを除く) から受信した通知の総数です。



  • FilteringThreads
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    システムのフィルター スレッドの合計数です。この数はシステム リソースを元に計算されます。



  • FilterObjects
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    システムにあるフィルター オブジェクトの数です。各フィルター オブジェクトは、現在フィルター処理中の対象 URL に対応します。



  • FilterProcessCreated
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    フィルター プロセスが作成か再開された合計回数です。作成されたフィルター プロセスの数が多すぎる場合は、ドキュメント内のデータのフィルター処理に問題があることを示します。



  • FilterProcesses
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    システム内で実行中のフィルター プロセスの数です。



  • FilterProcessesMax
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    システム起動以降にシステム内に存在したフィルター プロセスの最大数です。



  • Frequency_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Heartbeats
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    サーバーが最後に起動してからの合計パルス数です。パルスはサービスを実行している間、10 秒ごとに発生します。サービスが停止している場合、パルスは存在せず、パルスの数は増加しません。



  • HeartbeatsRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    10 秒ごとに 1 ハートビートを表示します。



  • IdleThreads
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ドキュメントを待機しているスレッドの数です。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • NotificationSources
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    現在接続されている外部通知ソースです。



  • NotificationsRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりの外部通知の受信率です。



  • PerformanceLevel
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    Gatherer サービスが使えるシステム リソースのレベル容量を示します。



  • Reasontobackoff
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    Gathering サービスがバック オフ状態となった理由を示すコードです。 0 - 正常に作動中 1 - システム IO のトラフィックが高い 2 - 通知率が高い 3 - 遅延修復が進行中 (実装されていません) 4 - ユーザーの動作が原因 5 - バッテリの低下 6 - メモリ不足 99 - 内部の理由 (Searchそのものが原因) バックオフ状態になると、インデックス処理は行われません。インデックス処理を続行するには、バックオフ状態になった原因を排除してください。Gatherer サービスがバックオフ状態になると、検索サービスは一時停止され、イベント ログにメッセージが表示されます。



  • ServerObjects
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    システムが最近アクセスしたサーバーの数です。



  • ServerObjectsCreated
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    新しいサーバー オブジェクトを作成する必要が生じた回数です。



  • ServersCurrentlyUnavailable
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    サーバーに対する多数の要求でタイムアウトが発生すると、サーバーが使用できなくなります。



  • ServersUnavailable
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    サーバーに対する多数の要求でタイムアウトが発生すると、サーバーが使用できなくなります。



  • StemmersCached
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    キャッシュされた使用可能なステマー インスタンスの数です。数が多すぎる場合は、リソース使用率に問題があることを示します。



  • SystemIOtrafficrate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    バック オフ ロジックにより検出された、システム IO (ディスク) のトラフィック レート (KB/秒) です。



  • ThreadsAccessingNetwork
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    フィルター プロセスからの応答を待機しているスレッドの数です。操作中の動作がない際にこの数がフィルター中のスレッドと同じ場合は、ネットワークに問題があるか、クロール中のサーバーが使用できないことを示します。



  • Threadsblockedduetobackoff
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    バック オフ イベントによりブロックされたスレッドの数です。



  • ThreadsInPlugins
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    プラグインによる処理の完了を待機しているスレッドの数です。



  • TimeOuts
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    システム起動以降に検出されたタイムアウトの合計数です。



  • Timestamp_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • WordBreakersCached
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    キャッシュされた使用可能なワード ブレーカー インスタンスの数です。




    メソッド リスト

    Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_PerfRawData_UGTHRSVC_SearchGatherer クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…