WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfRawData_TermService_TerminalServicesSession クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
DMM mobile なら常に格安 SIM 業界最安値水準で使えます
ATM 利用時の入出金手数料が最大 7 回/月無料、楽天銀行
WMI スクリプトの実行結果を VBS を利用してメールで送信する方法を公開しています

Win32_PerfRawData_TermService_TerminalServicesSession クラス - WMI Library

Win32_PerfRawData_TermService_TerminalServicesSession クラスの説明

ターミナル サービス各セッションのリソース モニターです。
WMI Providerは、WmiPerfInstです。



プロパティ リスト

  • Caption
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • Description
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

統計またはメトリックの説明です。



  • Frequency_Object
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Frequency_PerfTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Frequency_Sys100NS
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • HandleCount
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

該当プロセスが現在オープンしているハンドルの総数です。この値は、該当プロセス内の各スレッドが現在オープンしているハンドルの合計値に一致します。



  • InputAsyncFrameError
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

入力非同期フレーム エラーの数です。ノイズ送信ラインによって発生することがあります。小さいパケット サイズを使うと問題が解決されることがあります。



  • InputAsyncOverflow
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

入力非同期オーバーフローエラーの数です。これはホストの利用できるバッファー領域の不足によって発生することがあります。



  • InputAsyncOverrun
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

入力非同期オーバーラン エラーは、ボー レートがコンピューターが処理できるより早いため、または 16550 以外のシリアル ラインが使われているために発生することがあります。また、プロセッサのパワーに対して同時にアクティブの高速シリアル ラインが多すぎる場合にも発生します。



  • InputAsyncParityError
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

入力非同期パリティ エラーの数です。これらは、ノイズ送信ラインによって発生することがあります。



  • InputBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

このセッションで入力された、すべてのプロトコルのオーバーヘッドを含むバイト数です。



  • InputCompressedBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

圧縮された後に入力されたバイト数です。入力された合計バイト数とこの数を比較したものが圧縮率になります。



  • InputCompressFlushes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

入力された圧縮辞書の更新の数です。データを圧縮できないときは、圧縮辞書を更新してより新しいデータが圧縮されやすいようにします。データを圧縮できない原因としてクライアント ドライブ マッピング上で圧縮されたファイルを送信したことが考えられます。



  • InputCompressionRatio
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

サーバー入力データ ストリームの圧縮率です。



  • InputErrors
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべての種類の入力エラーの数です。入力エラーの例としては、ACK の損失、正しくない形式のパケット等があります。



  • InputFrames
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

このセッションで入力されたフレーム (パケット) の数です。



  • InputTimeouts
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

クライアント側の接続から参照されたときの通信ライン上でのタイムアウトの数です。これらはノイズ ラインの典型的な結果です。いくつかの高い latency ネットワーク上では、これは短すぎるプロトコル タイムアウトの結果であることがあります。これらの種類のライン上でプロトコル タイムアウトを増加させると、不必要な再送信が減りパフォーマンスが向上します。



  • InputTransportErrors
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

入力されたターミナル サービス トランスポート レベル エラーの数です。



  • InputWaitForOutBuf
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

接続のクライアント側のプロトコルによって利用できる送信バッファー待ちになった回数です。



  • InputWdBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべてのプロトコル オーバーヘッドを取り除いた後のこのセッションで入力されたバイト数です。



  • InputWdFrames
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

いずれかのフレームを付加された付加プロトコルが削除された後で入力されたフレーム数です。



  • Name
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • OutputAsyncFrameError
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

出力された非同期フレーム化エラーの数です。これはハードウェアまたはライン問題よって発生することがあります。



  • OutputAsyncOverflow
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

出力された非同期オーバーフロー エラーの数です。



  • OutputAsyncOverrun
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

出力非同期オーバーラン エラーの数です。



  • OutputAsyncParityError
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

出力非同期パリティ エラーの数です。これらは、ハードウェアまたはラインの問題によって発生することがあります。



  • OutputBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

このセッションで出力された、すべてのプロトコルのオーバーヘッドを含むバイト数です。



  • OutputCompressedBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

圧縮された後出力されたバイト数です。出力された合計バイト数とこの数を比較したものが圧縮率になります。



  • OutputCompressFlushes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

出力された圧縮辞書の更新の数です。データを圧縮できないときは、圧縮辞書を更新してより新しいデータが圧縮されやすいようにします。データを圧縮できない原因としてクライアント ドライブ マッピング上で圧縮されたファイルを送信したことが考えられます。



  • OutputCompressionRatio
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

サーバー出力データ ストリームの圧縮率です。



  • OutputErrors
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべての種類の出力エラーの数です。出力エラーの例としては、ACK の損失、正しくない形式のパケット等があります。



  • OutputFrames
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

このセッションで出力されたフレーム (パケット) の数です。



  • OutputTimeouts
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ホスト側の接続から参照されたときの通信ライン上でのタイムアウトの数です。これらはノイズ ラインの典型的な結果です。いくつかの高い latency ネットワーク上では、これは短すぎるプロトコル タイムアウトの結果であることがあります。これらの種類のライン上でプロトコル タイムアウトを増加させると、不必要な再送信が減りパフォーマンスが向上します。



  • OutputTransportErrors
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

出力されたターミナル サービス トランスポート レベル エラーの数です。



  • OutputWaitForOutBuf
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

これは接続のサーバー側のプロトコルによって利用できる送信バッファー待ちになった回数です。



  • OutputWdBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべてのプロトコルのオーバーヘッドが取り除かれた後のこのセッションで出力されたバイト数です。



  • OutputWdFrames
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

付加プロトコル フレームが追加される前の出力されたフレームの数です。



  • PageFaultsPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

該当プロセスで実行しているスレッド内でのページ フォールトの発生率です。ページ フォールトは、スレッドがメイン メモリのワーキング セットにない仮想メモリ ページを参照するときに発生します。そのページがスタンバイ リストにあって既にメイン メモリ上にあることになる場合、またはそのページを共有している別のプロセスがそのページを使用中の場合、ページがディスクから取り出されない可能性があります。



  • PageFileBytes
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

このプロセスがページング ファイルでの使用に予約していた仮想メモリ領域の現在の値をバイト数で表示します。ページング ファイルは、ほかのファイルには含まれないプロセスが使用するメモリのページを格納するのに使用されます。ページング ファイルはすべてのプロセスに共有され、ページング ファイルの領域が不足すると、ほかのプロセスはメモリを割り当てることができなくなります。ページング ファイルがない場合は、物理メモリでの使用に予約していた仮想メモリ領域の現在の値を表示します。



  • PageFileBytesPeak
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

このプロセスがページング ファイルでの使用に予約していた仮想メモリ領域の最大値をバイト数で表示します。ページング ファイルは、ほかのファイルには含まれないプロセスが使用するメモリのページを格納するのに使用されます。ページング ファイルはすべてのプロセスに共有され、ページング ファイルの領域が不足すると、ほかのプロセスはメモリを割り当てることができなくなります。ページング ファイルがない場合は、物理メモリでの使用に予約していた仮想メモリ領域の最大値を表示します。



  • PercentPrivilegedTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

プロセスのスレッドが特権モードでコードの実行に費やした経過時間の割合をパーセントで表示します。Windows のシステム サービスは呼び出されると、システム専用データへアクセスするために、しばしば特権モードで実行します。これらのデータはユーザー モードで実行するスレッドからはアクセスされません。システムの呼び出しは明示的に、またはページ フォールトや割り込みのように暗示的に行われる場合があります。以前のオペレーティング システムとは異なり、Windows は従来のユーザー保護および特権モードに加えて、サブシステム保護にプロセス境界を使用します。アプリケーションに代わって Windows が行う処理には、プロセスの Privileged Time に加え、別のサブシステム プロセス内で現れるものもあります。



  • PercentProcessorTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

該当プロセスのスレッドすべてが、命令を実行するためにプロセッサを使用した経過時間の割合です。命令はコンピューター内の実行の基本ユニット、スレッドは命令を実行するオブジェクト、プロセスはプログラム実行時に作成されるオブジェクトです。任意のハードウェア割り込みやトラップ条件を処理するために実行されるコードもこのカウントに含まれます。



  • PercentUserTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

該当プロセスのスレッドがユーザー モードでコードを実行するのに費やす時間の割合をパーセントで表示します。アプリケーション、環境サブシステムおよび統合サブシステムはユーザー モードで実行します。ユーザー モードで実行するコードは、Windows の executive、カーネル、デバイス ドライバーの整合性を損ないません。以前のオペレーティング システムとは異なり、Windows は従来のユーザー保護および特権モードに加えて、サブシステム保護にプロセス境界を使用します。アプリケーションに代わって Windows が行う処理には、プロセスの privileged time に加え、別のサブシステム プロセス内で現れるものもあります。



  • PoolNonpagedBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ディスクに書き込まれずに、割り当てられる限り物理メモリ内に存在するオブジェクト用のシステム メモリの領域 (オペレーテイング システムで使用される物理メモリ) である非ページ プールのサイズをバイト数で表示します。Memory\\Pool Nonpaged Bytes と Process\\Pool Nonpaged Bytes は別々に算出されるので、Process\\Pool Nonpaged Bytes\\_Total とは異なる場合があります。このカウンターでは、平均値ではなく最新の監視値のみが表示されます。



  • PoolPagedBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

使用されていないときにディスクに書き込まれることが可能なオブジェクト用のシステム メモリの領域 (オペレーテイング システムで使用される物理メモリ) であるページ プールのサイズをバイト数で表示します。Memory\\Pool Paged Bytes は、Process\\Pool Paged Bytes とは別に算出されるので、Process\\Pool Paged Bytes\\_Total とは異なる場合があります。このカウンターは、平均値ではなく最新の監視値のみを表示します。



  • PrivateBytes
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

該当プロセスが割り当て、ほかのプロセスと共有できないメモリの現在のサイズをバイト数で表示します。



  • ProtocolBitmapCacheHitRatio
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル ビットマップ キャッシュでのヒット率です。高いヒット率は、データ送信が減るため良いパフォーマンスという意味になります。低いヒット率は、再使用されていない、またはクライアント キャッシュで更新された情報でスクリーンが更新されるためです。



  • ProtocolBitmapCacheHits
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル ビットマップ キャッシュでのヒット数です。



  • ProtocolBitmapCacheReads
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル ビットマップ キャッシュへの参照数です。



  • ProtocolBrushCacheHitRatio
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル ブラシ キャッシュでのヒット率です。高いヒット率は、データ送信が減るため良いパフォーマンスという意味になります。低いヒット率は、再使用されていない、またはクライアント キャッシュで更新された情報でスクリーンが更新されるためです。



  • ProtocolBrushCacheHits
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル ブラシ キャッシュでのヒット数です。



  • ProtocolBrushCacheReads
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル ブラシ キャッシュへの参照数です。



  • ProtocolGlyphCacheHitRatio
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル グリフ キャッシュでのヒット率です。高いヒット率は、データ送信が減るため良いパフォーマンスという意味になります。低いヒット率は、再使用されていない、またはクライアント キャッシュで更新された情報でスクリーンが更新されるためです。



  • ProtocolGlyphCacheHits
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル グリフ キャッシュでのヒット数です。



  • ProtocolGlyphCacheReads
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル グリフ キャッシュへの参照数です。



  • ProtocolSaveScreenBitmapCacheHitRatio
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル保存スクリーン ビットマップ キャッシュでのヒット率です。高いヒット率は、データ送信が減るため良いパフォーマンスという意味になります。低いヒット率は、再使用されていない、またはクライアント キャッシュで更新された情報でスクリーンが更新されるためです。



  • ProtocolSaveScreenBitmapCacheHits
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル保存スクリーン ビットマップ キャッシュでのヒット率です。



  • ProtocolSaveScreenBitmapCacheReads
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プロトコル保存スクリーン ビットマップ キャッシュへの参照数です。



  • ThreadCount
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

該当プロセスで現在アクティブ状態にあるスレッドの数です。命令はプロセッサ内の実行の基本ユニットで、スレッドは命令を実行するオブジェクトです。各実行中のプロセスには、少なくとも 1 つのスレッドがあります。



  • Timestamp_Object
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Timestamp_PerfTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Timestamp_Sys100NS
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • TotalAsyncFrameError
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

非同期フレーム エラー数の合計です。これらはノイズ送信ラインにより発生することがあります。小さいパケット サイズを使うと問題が解決されることがあります。



  • TotalAsyncOverflow
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

非同期オーバーフロー数の合計です。これらはホスト上で利用できるバッファーの不足により発生することがあります。



  • TotalAsyncOverrun
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

非同期オーバーラン エラー数の合計です。これらはコンピューターが処理できるよりも早いボー レート、または 16550 シリアル ラインでないものが使われていることにより発生することがあります。またオーバーランは、プロセッサのパワーに対して同時に多くの高速のシリアル ラインがアクティブになった場合にも発生します。



  • TotalAsyncParityError
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

非同期パリティ エラー数の合計です。これらはノイズ送信ラインによって発生することがあります。



  • TotalBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

このセッションでのすべてのプロトコルのオーバーヘッドを含むバイト数の合計です。



  • TotalCompressedBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

圧縮された後のバイト数の合計です。合計バイト数とこの数を比較したものが圧縮率になります。



  • TotalCompressFlushes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

圧縮辞書の更新数の合計です。データを圧縮できないときは、圧縮辞書を更新してより新しいデータが圧縮されやすいようにします。データを圧縮できない原因としてクライアント ドライブ マッピング上で圧縮されたファイルを送信したことが考えられます。



  • TotalCompressionRatio
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

サーバー データ ストリームの圧縮率の合計です。



  • TotalErrors
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべての種類のエラー数の合計です。エラーの例としては、ACK の損失、正しくない形式のパケット等があります。



  • TotalFrames
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

このセッションでのフレーム (パケット) 数の合計です。



  • TotalProtocolCacheHitRatio
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべてのプロトコル キャッシュへの全ヒット率です。



  • TotalProtocolCacheHits
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべてのプロトコル キャッシュでのヒット数の合計です。プロトコルは、もう一度使用される可能性のある Windows オブジェクトを送信ラインで再送信しなくてもいいようにキャッシュします。オブジェクトの例としては、Windows アイコンとブラシがあります。キャッシュでのヒットは再送信が必要ではなかったオブジェクトを表しています。



  • TotalProtocolCacheReads
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべてのプロトコル キャッシュへの参照数の合計です。



  • TotalTimeouts
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ホスト側とクライアント側両方の接続から参照されたときの通信ライン上でのタイムアウトの数です。これらはノイズ ラインの典型的な結果です。いくつかの高い latency ネットワーク上では、これは短すぎるプロトコル タイムアウトの結果であることがあります。これらの種類のライン上でプロトコル タイムアウトを増加させると、不必要な再送信が減りパフォーマンスが向上します。



  • TotalTransportErrors
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ターミナル サービス トランスポート レベル エラー数の合計です。



  • TotalWaitForOutBuf
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

これはサーバー側とクライアント側の接続の両方でプロトコルにより利用できる送信バッファー待ちになった回数です。



  • TotalWdBytes
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべてのプロトコル オーバーヘッドを取り除いた後のこのセッションでのバイト数の合計です。



  • TotalWdFrames
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

付加プロトコル フレームが追加される前の入力および出力されたフレームの数です。



  • VirtualBytes
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

プロセスが使用している仮想アドレス領域の現在の大きさをバイト数で表示します。仮想アドレス領域の使用は、必ずしもディスクあるいはメイン メモリ ページを使用することにはつながりません。仮想領域は限定されており、プロセスがライブラリをロードする能力が限定されます。



  • VirtualBytesPeak
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

プロセスが任意の時点で使用した仮想アドレス領域の最大サイズをバイト数で表示します。仮想アドレス領域の使用は、必ずしもディスクあるいはメイン メモリ ページを使用することにはつながりません。仮想領域は限定されており、プロセスがライブラリをロードする能力が限定されます。



  • WorkingSet
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

該当プロセスのワーキング セットの現在のサイズをバイト数で表示します。ワーキング セットは、プロセスのスレッドが最後に参照したメモリ ページのセットです。コンピューターの空きメモリ領域がしきい値以上ある場合、ページは使用中でなくてもプロセスのワーキング セットに残されます。空きメモリ領域がしきい値を下回る場合、ページはワーキング セットから削除されます。削除されたページが必要な場合、ページがメイン メモリから出る前にページはワーキング セットに戻されます。



  • WorkingSetPeak
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

任意の時点での該当プロセスのワーキング セットの最大サイズをバイト数で表示します。ワーキング セットは、プロセスのスレッドが最後に参照したメモリ ページのセットです。コンピューターの空きメモリ領域がしきい値以上ある場合、ページは使用中でなくてもプロセスのワーキング セットに残されます。空きメモリ領域がしきい値を下回る場合、ページはワーキング セットから削除されます。削除されたページが必要な場合、ページがメイン メモリから出る前にページはワーキング セットに戻されます。





メソッド リスト



WQL サンプル (e.g. VB/PowerShell)

Win32_PerfRawData_TermService_TerminalServicesSession

VB6/VBS
SWbemServicesクラスのExecQueryメソッドからWQLを実行可能です。
Set PrcSet = Service.ExecQuery("Win32_PerfRawData_TermService_TerminalServicesSession")

VB.Net
ObjectQueryクラスのQueryStringプロパティにWQLを設定し、ManagementObjectSearcherクラスのGetメソッドからWQLを実行可能です。
Searcher.Query.QueryString = "Win32_PerfRawData_TermService_TerminalServicesSession"
PrcSrc = Searcher.Get

PowerShell
Get-WmiObjectコマンドレットのqueryオプションを指定しWQLを実行可能です。
Get-WmiObject -query "Win32_PerfRawData_TermService_TerminalServicesSession"


このサイトの情報について

このコンテンツはWMIの各コンポーネントが持っているWin32_PerfRawData_TermService_TerminalServicesSessionクラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
参照したWMIの名前空間はroot/CIMV2、参照OS環境はWindows 2000以降のOSを対象としております。

WMIの使い方(VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShellを対象)に関してはWMI Stepも参考にしてみてください。(WMI初心者・入門編としてもおすすめです。)
各種言語を使用したWMIを使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。


ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…