WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfRawData_Tcpip_IP クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
中古車買うならやっぱりカーセンサーnet、お気に入りの 1 台が見つかります
IT 関連情報を気軽に知りたい方へ、キーマンズネットがおすすめです
私も使っていますお勧め SIM フリースマホ ASUS Zenfone

Win32_PerfRawData_Tcpip_IP クラス - WMI Library

Win32_PerfRawData_Tcpip_IP クラスの説明

IP パフォーマンス オブジェクトには、IP プロトコルを使用して送受信される IP データグラムの速度を計測するカウンタがあります。IP プロトコルのエラーを監視するカウンタがあります。
WMI Providerは、Nt5_GenericPerfProvider_V1です。



プロパティ リスト

  • Caption
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • DatagramsForwardedPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ローカル サーバーが最終的な送信先でなかったため、入力データグラムを最終送信先へ転送するようルートを検索する試みがなされた率を秒単位で表示します。IP ゲートウェイとして動作しないサーバーでは、このシステムを経由して source-route され、source-route オプションが適切に処理されたパケットのみが含まれます。



  • DatagramsOutboundDiscarded
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

宛先への伝送を妨げる問題 (バッファ領域不足など) は検出されなかったにもかかわらず、廃棄された送信 IP データグラムの数です。このカウンタの値には、この条件を満たす、Datagrams Forwarded/sec でカウントされるデータグラムが含まれています。



  • DatagramsOutboundNoRoute
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

宛先に伝送する経路を検出できなかったために廃棄された IP データグラムの数です。このカウンタの値には、この「経路不在」の条件に合致するものであれば、Datatgrams Forwarded/sec でカウントされるパケットも含まれます。



  • DatagramsPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

インターフェイス間で 1 秒間に送受信された IP データグラムの率で、エラーのあるデータグラムも含みます。転送されたデータグラムはこのカウンタにはカウントされません。



  • DatagramsReceivedAddressErrors
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

IP ヘッダーの宛て先フィールドの IP アドレスが、このコンピュータで有効でなかったことが原因で廃棄された入力データグラムの数です。このカウンタでは、無効なアドレス (たとえば、0.0. 0.0) およびサポートされていないクラス (たとえば、Class E) のアドレスがカウントされます。IP ゲートウェイでないためデータグラムを転送しないエンティティに対して、このカウンタでは宛て先アドレスがローカル アドレスでなかったために廃棄されたデータグラムがカウントされます。



  • DatagramsReceivedDeliveredPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) などの IP ユーザー プロトコルに 1 秒間に正常に送信された受信データグラムの率です。



  • DatagramsReceivedDiscarded
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

バッファ領域不足などの問題により処理の継続が妨げられたにもかかわらず、廃棄された受信 IP データグラムの数です。このカウンタの値には、再構成の待機中に廃棄されたデータグラムの数は含まれません。



  • DatagramsReceivedHeaderErrors
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

IP ヘッダーのエラー (正しくないチェックサム、バージョン番号の不一致、そのほかのフォーマット エラー、タイムアウト、期限切れ TTL、IP オプション処理時に検出されたエラーなど) が原因で廃棄された入力データグラムの数です。



  • DatagramsReceivedPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

インターフェイスから 1 秒間に受信される IP データグラムの率で、エラーのあるデータグラムも含みます。Datagrams Received/sec は Datagrams/sec のサブセットです。



  • DatagramsReceivedUnknownProtocol
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

正常に受信されたが、不明またはサポートされていないプロトコルが原因で廃棄されたローカル アドレス指定のデータグラムの数です。



  • DatagramsSentPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ローカル IP ユーザー プロトコル (ICMP など) による伝送のために 1 秒間に提供された IP データグラムの数です。このカウンタの値には、Datagams Forwarded/sec でカウントされるデータグラムは含まれません。Datagrams Sent/sec は Datagrams/sec のサブセットです。



  • Description
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

統計またはメトリックの説明です。



  • FragmentationFailures
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

断片化が必要だったが、'Don't Fragment' フラグが設定されていたなどの原因で廃棄された IP データグラムの数です。



  • FragmentedDatagramsPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

データグラムが 1 秒間に正常に断片化される率です。



  • FragmentReassemblyFailures
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

IP の再構成アルゴリズムが検出した失敗 (タイムアウト、エラーなど) の数です。アルゴリズムによっては (特に、RFC 815) 、フラグメントの受信時にそれらを結合してしまい、その数を追跡できないため、この値は廃棄された IP フラグメントの数であるとは限りません。



  • FragmentsCreatedPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

断片化の結果、1 秒間に生成された IP データグラム フラグメントの率です。



  • FragmentsReassembledPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

IP フラグメントが 1秒間に正しく再構成された率です。



  • FragmentsReceivedPersec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

このエンティティで再構成が必要な IP フラグメントの 1 秒間の受信率です。



  • Frequency_Object
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Frequency_PerfTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Frequency_Sys100NS
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Name
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • Timestamp_Object
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Timestamp_PerfTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Timestamp_Sys100NS
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A





メソッド リスト



WQL サンプル (e.g. VB/PowerShell)

Win32_PerfRawData_Tcpip_IP

VB6/VBS
SWbemServicesクラスのExecQueryメソッドからWQLを実行可能です。
Set PrcSet = Service.ExecQuery("Win32_PerfRawData_Tcpip_IP")

VB.Net
ObjectQueryクラスのQueryStringプロパティにWQLを設定し、ManagementObjectSearcherクラスのGetメソッドからWQLを実行可能です。
Searcher.Query.QueryString = "Win32_PerfRawData_Tcpip_IP"
PrcSrc = Searcher.Get

PowerShell
Get-WmiObjectコマンドレットのqueryオプションを指定しWQLを実行可能です。
Get-WmiObject -query "Win32_PerfRawData_Tcpip_IP"


このサイトの情報について

このコンテンツはWMIの各コンポーネントが持っているWin32_PerfRawData_Tcpip_IPクラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
参照したWMIの名前空間はroot/CIMV2、参照OS環境はWindows 2000以降のOSを対象としております。

WMIの使い方(VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShellを対象)に関してはWMI Stepも参考にしてみてください。(WMI初心者・入門編としてもおすすめです。)
各種言語を使用したWMIを使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。


ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…