WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfRawData_
PerfProc_Process クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
WMI スクリプトの実行結果を VBS を利用してメールで送信する方法を公開しています
パソコンに負荷のかからないウィルス対策なら ESET パーソナル セキュリティ
話題のプリウス、ディーラーオプションもネットで気軽に購入

Win32_PerfRawData_
PerfProc_Process クラス - WMI Library

Win32_PerfRawData_
PerfProc_Process クラスの説明

Process パフォーマンス オブジェクトには、実行中のプログラムとシステム処理を監視するカウンターがあります。プロセス内のすべてのスレッドは同じアドレス領域を共有し、同じデータへアクセスします。
WMI Provider は、WmiPerfInst です。



プロパティ リスト

  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • CreatingProcessID
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    プロセスを作成したプロセスのプロセス ID です。作成プロセスは終了された可能性があるため、この値は実行プロセスを認識しなくなる場合があります。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの説明です。



  • ElapsedTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスが実行している総経過時間 (秒) です。



  • Frequency_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • HandleCount
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    該当プロセスが現在オープンしているハンドルの総数です。この値は、該当プロセス内の各スレッドが現在オープンしているハンドルの合計値に一致します。



  • IDProcess
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    該当プロセスの一意の識別子です。この番号は再利用され、任意のプロセスを、そのプロセスが終了するまでの間のみ識別します。



  • IODataBytesPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが I/O 操作でバイトの読み取りおよび書き込みを実行している率です。このカウンターは、ファイル、ネットワークおよびデバイスの I/O を含むプロセスが生成するすべての I/O 処理状況をカウントします。



  • IODataOperationsPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが読み取りと書き込み I/O 操作を発している率です。このカウンターは、ファイル、ネットワークおよびデバイスの I/O を含むプロセスが生成するすべての I/O 処理状況をカウントします。



  • IOOtherBytesPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが制御操作などのデータを含まない I/O 操作にバイトを発している率です。このカウンターは、ファイル、ネットワークおよびデバイスの I/O を含むプロセスが生成するすべての I/O 処理状況をカウントします。



  • IOOtherOperationsPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが読み取りおよび書き込み以外の I/O 操作 (制御関数など) を発している率です。このカウンターは、ファイル、ネットワークおよびデバイスの I/O を含むプロセスが生成するすべての I/O 処理状況をカウントします。



  • IOReadBytesPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが I/O 操作からバイトを読み取っている率です。このカウンターは、ファイル、ネットワークおよびデバイスの I/O を含むプロセスが生成するすべての I/O 処理状況をカウントします。



  • IOReadOperationsPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが読み取り I/O 操作を発している率です。このカウンターは、ファイル、ネットワークおよびデバイスの I/O を含むプロセスが生成するすべての I/O 処理状況をカウントします。



  • IOWriteBytesPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが I/O 操作にバイトを書き込んでいる率です。このカウンターは、ファイル、ネットワークおよびデバイスの I/O を含むプロセスが生成するすべての I/O 処理状況をカウントします。



  • IOWriteOperationsPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが書き込み I/O 操作を発している率です。このカウンターは、ファイル、ネットワークおよびデバイスの I/O を含むプロセスが生成するすべての I/O 処理状況をカウントします。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • PageFaultsPersec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    該当プロセスで実行しているスレッド内でのページ フォールトの発生率です。ページ フォールトは、スレッドがメイン メモリのワーキング セットにない仮想メモリ ページを参照するときに発生します。そのページがスタンバイ リストにあって既にメイン メモリ上にあることになる場合、またはそのページを共有している別のプロセスがそのページを使用中の場合、ページがディスクから取り出されない可能性があります。



  • PageFileBytes
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    このプロセスがページング ファイルでの使用に予約していた仮想メモリ領域の現在の値をバイト数で表示します。ページング ファイルは、ほかのファイルには含まれないプロセスが使用するメモリのページを格納するために使用されます。ページング ファイルはすべてのプロセスに共有され、ページング ファイルの領域が不足すると、ほかのプロセスはメモリを割り当てることができなくなります。ページング ファイルがない場合は、物理メモリでの使用に予約していた仮想メモリ領域の現在の値を表示します。



  • PageFileBytesPeak
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    このプロセスがページング ファイルでの使用に予約していた仮想メモリ領域の最大値をバイト数で表示します。ページング ファイルは、ほかのファイルには含まれないプロセスが使用するメモリのページを格納するために使用されます。ページング ファイルはすべてのプロセスに共有され、ページング ファイルの領域が不足すると、ほかのプロセスはメモリを割り当てることができなくなります。ページング ファイルがない場合は、物理メモリでの使用に予約していた仮想メモリ領域の最大値を表示します。



  • PercentPrivilegedTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスのスレッドが特権モードでコードの実行に費やした経過時間の割合をパーセントで表示します。Windows のシステム サービスは呼び出されると、システム専用データへアクセスするために、しばしば特権モードで実行します。これらのデータはユーザー モードで実行するスレッドからはアクセスされません。システムの呼び出しは明示的に、またはページ フォールトや割り込みのように暗示的に行われる場合があります。以前のオペレーティング システムとは異なり、Windows は従来のユーザー保護および特権モードに加えて、サブシステム保護にプロセス境界を使用します。アプリケーションに代わって Windows が行う処理には、プロセスの Privileged Time に加え、別のサブシステム プロセス内で現れるものもあります。



  • PercentProcessorTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスのスレッドすべてが、命令を実行するためにプロセッサを使用した経過時間の割合です。命令はコンピューター内の実行の基本ユニット、スレッドは命令を実行するオブジェクト、プロセスはプログラム実行時に作成されるオブジェクトです。任意のハードウェア割り込みやトラップ条件を処理するために実行されるコードもこのカウントに含まれます。



  • PercentUserTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスのスレッドがユーザー モードでコードを実行するために費やす時間の割合をパーセントで表示します。アプリケーション、環境サブシステムおよび統合サブシステムはユーザー モードで実行します。ユーザー モードで実行するコードは、Windows の executive、カーネル、デバイス ドライバーの整合性を損ないません。以前のオペレーティング システムとは異なり、Windows は従来のユーザー保護および特権モードに加えて、サブシステム保護にプロセス境界を使用します。アプリケーションに代わって Windows が行う処理には、プロセスの privileged time に加え、別のサブシステム プロセス内で現れるものもあります。



  • PoolNonpagedBytes
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ディスクに書き込むことはできず、割り当てられている限りは物理メモリ内に存在するオブジェクトに使用されるシステム仮想メモリの領域である非ページ プールのサイズをバイト数で表示します。Memory\\Pool Nonpaged Bytes は、Process\\Pool Nonpaged Bytes とは別に算出されるので、Process(_Total)\\Pool Nonpaged Bytes とは異なる場合があります。このカウンターでは、平均値ではなく最新の監視値のみが表示されます。



  • PoolPagedBytes
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    使用されていない場合はディスクに書き込むことのできるオブジェクトに使用されるシステム仮想メモリの領域であるページ プールのサイズをバイト数で表示します。Memory\\Pool Paged Bytes は、Process\\Pool Paged Bytes とは別に算出されるので、Process(_Total)\\Pool Paged Bytes とは異なる場合があります。このカウンターは、平均値ではなく最新の監視値のみを表示します。



  • PriorityBase
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    該当プロセスの現在の基本優先順位です。プロセス内のスレッドは、そのプロセスの基本優先順位に対応してスレッド自体の基本優先順位を上げ下げします。



  • PrivateBytes
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスが割り当て、ほかのプロセスと共有できないメモリの現在のサイズをバイト数で表示します。



  • ThreadCount
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    該当プロセスで現在アクティブ状態にあるスレッドの数です。命令はプロセッサ内の実行の基本ユニットで、スレッドは命令を実行するオブジェクトです。各実行中のプロセスには、少なくとも 1 つのスレッドがあります。



  • Timestamp_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • VirtualBytes
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用している仮想アドレス領域の現在の大きさをバイト数で表示します。仮想アドレス領域の使用は、必ずしもディスクあるいはメイン メモリ ページを使用することにはつながりません。仮想領域は限定されており、プロセスがライブラリをロードする能力が限定されます。



  • VirtualBytesPeak
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが任意の時点で使用した仮想アドレス領域の最大サイズをバイト数で表示します。仮想アドレス領域の使用は、必ずしもディスクあるいはメイン メモリ ページを使用することにはつながりません。仮想領域は限定されており、プロセスがライブラリをロードする能力が限定されます。



  • WorkingSet
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスのワーキング セットの現在のサイズをバイト数で表示します。ワーキング セットは、プロセスのスレッドが最後に参照したメモリ ページのセットです。コンピューターの空きメモリ領域がしきい値以上ある場合、ページは使用中でなくてもプロセスのワーキング セットに残されます。空きメモリ領域がしきい値を下回る場合、ページはワーキング セットから削除されます。削除されたページが必要な場合、ページがメイン メモリから出る前にページはワーキング セットに戻されます。



  • WorkingSetPeak
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意の時点での該当プロセスのワーキング セットの最大サイズをバイト数で表示します。ワーキング セットは、プロセスのスレッドが最後に参照したメモリ ページのセットです。コンピューターの空きメモリ領域がしきい値以上ある場合、ページは使用中でなくてもプロセスのワーキング セットに残されます。空きメモリ領域がしきい値を下回る場合、ページはワーキング セットから削除されます。削除されたページが必要な場合、ページがメイン メモリから出る前にページはワーキング セットに戻されます。



  • WorkingSetPrivate
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    このプロセスによってのみ使用され、ほかのプロセスと共有していない、また共有することもできないワーキング セットの大きさをバイトで表示します。




    メソッド リスト

    Win32_PerfRawData_PerfProc_Process クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_PerfRawData_PerfProc_Process

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfRawData_PerfProc_Process")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfRawData_PerfProc_Process")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_PerfProc_Process"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_PerfProc_Process"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_PerfProc_Process"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_PerfRawData_PerfProc_Process


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_PerfRawData_PerfProc_Process クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…