WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfRawData_
NETFramework_NETCLRLocksAndThreads クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日の仕事のお供におすすめミネラルウォータークリスタルカイザー
電子タバコならやっぱりアイコス ネイビー
気になる車は新車購入支援サイト オートックワンで最短 60 秒で見積もり OK

Win32_PerfRawData_
NETFramework_NETCLRLocksAndThreads クラス - WMI Library

Win32_PerfRawData_
NETFramework_NETCLRLocksAndThreads クラスの説明

CLR ロックおよびスレッドの統計です。
WMI Provider は、WmiPerfInst です。



プロパティ リスト

  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • ContentionRatePersec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ランタイムのスレッドがマネージ ロックを取得しようとして失敗した割合です。マネージ ロックを取得するには次のような方法があります。C# の "lock" ステートメントを使用する、System.Monitor.Enter の呼び出しをする、または MethodImplOptions.Synchronized カスタム属性を使用する。



  • CurrentQueueLength
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは現在アプリケーションでマネージ ロックを取得しようと待っているスレッドの合計数を表示します。このカウントは全体の平均ではなく、最後に観察された値を表示します。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの説明です。



  • Frequency_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • NumberofcurrentlogicalThreads
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは、アプリケーション内の .NET スレッド オブジェクトの現在の数を表示します。.NET スレッド オブジェクトは新しい System.Threading.Thread によって作成されるか、またはアンマネージ スレッドがマネージ環境に入ったときに作成されます。このカウンターは、実行中のスレッドおよび中止したスレッドの両方のカウントを維持します。このカウントは全体の平均ではなく、最後に観察された値を表示します。



  • NumberofcurrentphysicalThreads
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは、CLR によって作成され所有されて、.NET スレッド オブジェクトの基になるスレッドとして動作するネイティブの OS スレッドの数を表示します。このカウンターの値は、内部操作で CLR によって使用されるスレッドを含みません。OS プロセスのスレッドのサブセットです。



  • Numberofcurrentrecognizedthreads
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは、現在 CLR によって認識されているスレッド数を表示します。これらのスレッドは、スレッドと関連付けられた一致する .NET スレッド オブジェクトを持っています。これらのスレッドは CLR によって作成されず、CLR の外部で作成されますが、CLR 内で少なくとも 1 度は実行されています。情報が記録されるのは一意のスレッドのみです。同じスレッド ID で CLR に再び含まれたり、また終了後に再作成されたスレッドは 2 度目はカウントされません。



  • Numberoftotalrecognizedthreads
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは、アプリケーションの開始以来 CLR によって認識されたスレッド合計数を表示します。これらのスレッドは、スレッドと関連付けられた一致する .NET スレッド オブジェクトを持っています。これらのスレッドは CLR によって作成されず、CLR の外部で作成されますが、CLR 内で少なくとも 1 度は実行されています。情報が記録されるのは一意のスレッドのみです。同じスレッド ID で CLR に再び含まれたり、また終了後に再作成されたスレッドは 2 度目はカウントされません。



  • QueueLengthPeak
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは、アプリケーションが開始してから、マネージ ロックの取得を待っているスレッドの合計数を表示します。



  • QueueLengthPersec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは、アプリケーションでロックの取得を待っているスレッドの毎秒の数を表示します。このカウンターは全体の平均ではなく、サンプル間隔の継続時間で割った最後の 2 つのサンプルの間で観察された値の違いを表示します。



  • rateofrecognizedthreadsPersec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは、CLR によって認識されたスレッドの毎秒の数を表示します。これらのスレッドは、スレッドと関連付けられた一致する .NET スレッド オブジェクトを持っています。これらのスレッドは CLR によって作成されず、CLR の外部で作成されますが、CLR 内で少なくとも 1 度は実行されています。情報が記録されるのは一意のスレッドのみです。同じスレッド ID で CLR に再び含まれたり、また終了後に再作成されたスレッドは 2 度目はカウントされません。このカウンターは全体の平均ではなく、サンプル間隔の継続時間で割った最後の 2 つのサンプルの間で観察された値の違いを表示します。



  • Timestamp_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • TotalNumberofContentions
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    このカウンターは、CLR 内のスレッドがマネージ ロックを取得しようとして失敗した回数の合計を表示します。マネージ ロックを取得するにはいろいろな方法があります。たとえば、C# 内の "lock" ステートメントを使用する、System.Monitor.Enter を呼び出す、MethodImplOptions.Synchronized custom 属性を使用する、など。




    メソッド リスト

    Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_PerfRawData_NETFramework_NETCLRLocksAndThreads クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…