WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfRawData_
ASPNET_ASPNETApplications クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
WMI スクリプトの実行結果を VBS を利用してメールで送信する方法を公開しています
パソコンに負荷のかからないウィルス対策なら ESET パーソナル セキュリティ
話題のプリウス、ディーラーオプションもネットで気軽に購入

Win32_PerfRawData_
ASPNET_ASPNETApplications クラス - WMI Library

Win32_PerfRawData_
ASPNET_ASPNETApplications クラスの説明

ASP.NET アプリケーション パーフォーマンス カウンター
WMI Provider は、WmiPerfInst です。



プロパティ リスト

  • AnonymousRequests
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    匿名認証を使用する要求の数です。



  • AnonymousRequestsPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    認証匿名無名要求の数 (秒単位) です。



  • ApplicationLifetimeEvents
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後に発生したアプリケーション イベント数です。



  • ApplicationLifetimeEventsPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりのアプリケーション イベント数です。



  • AuditFailureEventsRaised
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後に発生した失敗の監査の数です。



  • AuditSuccessEventsRaised
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後に発生した成功の監査の数です。



  • CacheAPIEntries
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ユーザーが追加した、キャッシュ内のエントリの総数です。



  • CacheAPIHitRatio
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ユーザー コードから呼び出される、ヒットの割合です。



  • CacheAPIHitRatio_Base
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CacheAPIHits
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ユーザー コードからのキャッシュ ヒットの数です。



  • CacheAPIMisses
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ユーザー コードからのキャッシュ ミスの数です。



  • CacheAPITrims
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    バブリック キャッシュ API を使用してキャッシュに挿入され、メモリ確保のために強制的にキャッシュから削除されたエントリの合計数です。



  • CacheAPITurnoverRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    追加/削除された API キャッシュ数 (秒単位) です。



  • CachePercentMachineMemoryLimitUsed
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    コンピューターが使用する物理メモリ量をキャッシュの物理メモリの制限で割り、パーセントで表した値です。この値が 100% になると、キャッシュ エントリの半数が強制的に削除されます。__Total__ インスタンスは、すべてのインスタンスの平均値であり、キャッシュ エントリがいつ強制的に削除されるかを特定するのに使用することはできません。



  • CachePercentMachineMemoryLimitUsed_Base
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CachePercentProcessMemoryLimitUsed
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ワーカー プロセスのプライベート バイト サイズをキャッシュのプライベート バイト メモリの制限で割り、パーセントで表した値です。この値が 100% になると、キャッシュ エントリの半数が強制的に削除されます。__Total__ インスタンスは、すべてのインスタンスの平均値であり、キャッシュ エントリがいつ強制的に削除されるかを特定するのに使用することはできません。



  • CachePercentProcessMemoryLimitUsed_Base
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CacheTotalEntries
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    キャッシュ内のエントリの総数 (内部およびユーザーが追加したもの)



  • CacheTotalHitRatio
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    すべてのキャッシュの呼び出しからのヒットの割合です。



  • CacheTotalHitRatio_Base
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CacheTotalHits
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    キャッシュからのヒットの総数です。



  • CacheTotalMisses
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    キャッシュ ミスの総数です。



  • CacheTotalTrims
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    メモリ確保のために、強制的にキャッシュから削除されたエントリの合計数です。



  • CacheTotalTurnoverRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    追加/削除された合計キャッシュ数 (秒単位) です。



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • CompilationsTotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    動的にコンパイルされた .asax、.ascx、.ashx、.asmx または .aspx ソース ファイルの数です。



  • DebuggingRequests
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    処理したデバッグ リクエストの数です。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの説明です。



  • ErrorEventsRaised
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後に発生したエラー イベントの数です。



  • ErrorEventsRaisedPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりのエラー イベントの数です。



  • ErrorsDuringCompilation
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    コンパイル中に発生したエラーの数です。



  • ErrorsDuringExecution
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    要求の処理中に発生したエラーの数です。



  • ErrorsDuringPreprocessing
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    解析と構成中に発生したエラーの数です。



  • ErrorsTotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    発生したエラーの総数です。



  • ErrorsTotalPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    発生したエラーの割合です。



  • ErrorsUnhandledDuringExecution
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ユーザー コードでなく、既定のエラー ハンドラーによりハンドルされたエラーの数です。



  • ErrorsUnhandledDuringExecutionPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ハンドルされていないエラーの割合です。



  • EventsRaised
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後に発生したインストルメンテーション イベントの総数です。



  • EventsRaisedPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりのインストルメンテーション イベントの総数です。



  • FormsAuthenticationFailure
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後の、失敗したフォームの認証チケット検証の数です。



  • FormsAuthenticationSuccess
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後の、成功したフォームの認証チケット検証の数です。



  • Frequency_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • InfrastructureErrorEventsRaised
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後に発生した HTTP エラー イベントの数です。



  • InfrastructureErrorEventsRaisedPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりの HTTP エラーの数です。



  • ManagedMemoryUsedestimated
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーションによるマネージ ヒープ メモリの予測使用量 (KB 単位) です。このカウンターの精度は、前回マネージ メモリ ヒープをすべて収集したときからの経過時間の長さに応じて変わります。このカウンターは、新しいデータのみを反映して 5 秒ごとに更新されます。



  • MembershipAuthenticationFailure
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後の、失敗したメンバーシップ資格情報の検証の数です。



  • MembershipAuthenticationSuccess
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後の、成功したメンバーシップ資格情報の検証の数です。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • OutputCacheEntries
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    出力キャッシュの現在のエントリの数です。



  • OutputCacheHitRatio
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    出力のキャッシュ可能要求に対する要求のヒット率です。



  • OutputCacheHitRatio_Base
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    N/A



  • OutputCacheHits
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    出力キャッシュから送信された出力キャッシュ可能な要求の合計数です。



  • OutputCacheMisses
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    出力キャッシュから送信されなかった出力キャッシュ可能な要求の合計数です。



  • OutputCacheTrims
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    出力キャッシュ機能によりキャッシュに挿入され、メモリ確保のために強制的にキャッシュから削除されたエントリの合計数です。



  • OutputCacheTurnoverRate
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    追加/削除された出力キャッシュ数 (秒単位) です。



  • PercentManagedProcessorTimeestimated
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    マネージ アプリケーション コードの実行に費やされると予測されるプロセッサ経過時間の割合です。このカウンターは、アプリケーションのマネージ スレッドのプロセッサ時間のみを追跡します。非マネージ スレッドでの実行に費やされる追加のプロセッサ時間は含まれません。このカウンターは、新しいデータのみを反映して 5 秒ごとに更新されます。



  • PercentManagedProcessorTimeestimated_Base
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    N/A



  • PipelineInstanceCount
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アクティブ パイプライン インスタンスの数です。



  • RequestBytesInTotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    すべての要求の総サイズです (バイト)。



  • RequestBytesInTotalWebSockets
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    WebSocket 接続で ASP.NET が受信したデータの総サイズです (バイト)。



  • RequestBytesOutTotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    クライアントに送信された応答の総サイズです (バイト)。これには、HTTP 応答ヘッダーは含まれていません。



  • RequestBytesOutTotalWebSockets
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    WebSocket 接続でクライアントに送信されたデータの総サイズです (バイト)。



  • RequestErrorEventsRaised
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後に発生したランタイム エラー イベントの数です。



  • RequestErrorEventsRaisedPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりのランタイム エラー イベントの数です。



  • RequestEventsRaised
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後に発生した要求数です。



  • RequestEventsRaisedPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒あたりの要求イベント数です。



  • RequestExecutionTime
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    最後の要求を実行するのに費やしたミリ秒数です。



  • RequestsDisconnected
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    通信エラーまたはユーザー操作によって切断された要求の数です。



  • RequestsExecuting
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    現在実行している要求の数です。



  • RequestsExecutingWebSockets
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    現在実行している WebSocket 要求の数です。



  • RequestsFailed
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    失敗した要求の総数です。



  • RequestsFailedWebSockets
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    中止状態で終了された WebSocket 要求の総数です。



  • RequestsInApplicationQueue
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション要求キューにある要求数。



  • RequestsNotAuthorized
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    認証のないアクセスを行ったため、要求に失敗しました。



  • RequestsNotFound
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    見つからなかったリソースを要求した数です。



  • RequestsPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒ごとに実行した要求の数です。



  • RequestsRejected
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    要求がいっぱいになったために拒否されたアプリケーション要求の数です。



  • RequestsSucceeded
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    実行に成功した要求の数です。



  • RequestsSucceededWebSockets
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    正常に完了した WebSocket 要求の総数です。



  • RequestsTimedOut
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    タイムアウトした要求の数です。



  • RequestsTotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後の要求数の合計です。



  • RequestsTotalWebSockets
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後の WebSocket 要求数の合計です。



  • RequestWaitTime
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    最後の要求が、キューで待っている時間 (ミリ秒) です。



  • SessionsAbandoned
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    明示的に破棄されたセッションの数です。



  • SessionsActive
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    現在アクティブなセッションの数です。



  • SessionSQLServerconnectionstotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    セッション状態によって使用される SQL Server への接続の総数です。



  • SessionStateServerconnectionstotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    セッション状態によって使用される SQL Server への接続の総数です。



  • SessionsTimedOut
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    タイムアウトしたセッションの数です。



  • SessionsTotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後のセッション数の合計です。



  • Timestamp_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • TransactionsAborted
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    中止されたトランザクションの数です。



  • TransactionsCommitted
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    コミットしたトランザクションの数です。



  • TransactionsPending
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    処理中のトランザクションです。



  • TransactionsPerSec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    1 秒に開始されるトランザクションです。



  • TransactionsTotal
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後のトランザクション数の合計です。



  • ViewstateMACValidationFailure
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    アプリケーション開始後の、失敗した viewstate MAC の検証の数です。




    メソッド リスト

    Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_PerfRawData_ASPNET_ASPNETApplications クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…