WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfFormattedData_
PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる車は新車購入支援サイト オートックワンで最短 60 秒で見積もり OK
常に話題の最先端を行くスマートフォンは、 Apple iPhone
ふるさと納税で日本を元気にしましょう!

Win32_PerfFormattedData_
PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly クラス - WMI Library

Win32_PerfFormattedData_
PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly クラスの説明

プロセス アドレス領域パフォーマンス オブジェクトには、メモリの割り当ておよび選択されたプロセスの使用を監視するカウンターがあります。
WMI Provider は、WmiPerfInst です。



プロパティ リスト

  • BytesFree
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    このプロセスの仮想アドレス領域で、未使用領域として残されている領域の合計です。



  • BytesImageFree
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    このプロセス内で実行されたイメージによって使用されていない、または予約されていない仮想アドレス領域のサイズです。



  • BytesImageReserved
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    このプロセス内のイメージによって予約された仮想メモリすべての合計です。



  • BytesReserved
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    このプロセスによる使用が予約された仮想メモリの総バイト数です。



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの説明です。



  • Frequency_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • IDProcess
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスの一意の識別子です。この番号は再利用され、任意のプロセスを、そのプロセスが終了するまでの間のみ識別します。



  • ImageSpaceExecReadOnly
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスによって実行されているイメージが使用している仮想アドレス領域です。この領域の大きさは、該当プロセスが実行したイメージによって割り当てられた、この保護モードをもつすべてのアドレス領域の合計です。実行/読み取り専用メモリは、読み取りとともに実行が可能なメモリです。



  • ImageSpaceExecReadPerWrite
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスによって実行されているイメージが使用している仮想アドレス領域です。この領域の大きさは、該当プロセスが実行したイメージによって割り当てられた、この保護モードをもつすべてのアドレス領域の合計です。実行/読み取り/書き込みメモリは、プログラムによる読み書きおよび変更とともに、実行が可能なメモリです。



  • ImageSpaceExecutable
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスによって実行されているイメージが使用している仮想アドレス領域です。この領域の大きさは、該当プロセスが実行したイメージによって割り当てられた、この保護モードをもつすべてのアドレス領域の合計です。実行メモリは、プログラムが実行することはできるが、読み取りまたは書き込みができないメモリです。このタイプの保護は、すべてのプロセッサ タイプでサポートされているわけにはありません。



  • ImageSpaceExecWriteCopy
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスによって実行されているイメージが使用している仮想アドレス領域です。この領域の大きさは、該当プロセスが実行したイメージによって割り当てられた、この保護モードをもつすべてのアドレス領域の合計です。Execute Write Copy は、プログラムが読み取りおよび書き込みとともに実行が可能なメモリです。このタイプの保護は、複数のプロセスがメモリを共有する必要がある場合に使用します。これらのプロセスがこのメモリを読み取りのみに使用する場合、プロセスは同じメモリをすべて使用することになります。ただし、あるプロセスがこのメモリに書き込みを行う必要がある場合は、そのプロセスに対してこのメモリのコピーが作成されます。



  • ImageSpaceNoAccess
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスによって実行されているイメージが使用している仮想アドレス領域です。この領域の大きさは、該当プロセスが実行したイメージによって割り当てられた、この保護モードをもつすべてのアドレス領域の合計です。No Access 保護を使用すると、プロセスによるページの読み書きは実行できません。ページの読み取りまたは書き込みを実行すると、アクセス フォールトになりす。



  • ImageSpaceReadOnly
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスによって実行されているイメージが使用している仮想アドレス領域です。この領域の大きさは、該当プロセスが実行したイメージによって割り当てられた、この保護モードをもつすべてのアドレス領域の合計です。読み取り専用保護を使用すると、これらのページの内容を変更することはできません。ページに書き込みまたは変更を行おうとすると、アクセス フォールトになります。



  • ImageSpaceReadPerWrite
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスによって実行されているイメージが使用している仮想アドレス領域です。この領域の大きさは、該当プロセスが実行したイメージによって割り当てられた、この保護モードをもつすべてのアドレス領域の合計です。読み取り保護または書き込み保護には、プロセスはこれらのページに対して読み取り、変更、および書き込みを行うことができます。



  • ImageSpaceWriteCopy
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    該当プロセスによって実行されているイメージが使用している仮想アドレス領域です。この領域の大きさは、該当プロセスが実行したイメージによって割り当てられた、この保護モードをもつすべてのアドレス領域の合計です。Write Copy 保護は、読み取りのためのメモリの共有は行いますが、書き込みは不可とする場合に設定します。メモリ読み取りの際には、それぞれのプロセスはすべて同じメモリを共有することができます。ただし、ある共有プロセスが、この共有メモリに対して読み取りおよび書き込みのアクセスを必要とする場合には、そのプロセスに対してメモリのコピーが作成されます。



  • MappedSpaceExecReadOnly
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスの仮想アドレス領域で特定の仮想アドレス (または、一定範囲の仮想アドレス) にマッピングされた仮想メモリです。実行/読み取り専用メモリは、読み取りと実行が可能なメモリです。



  • MappedSpaceExecReadPerWrite
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスの仮想アドレス領域で特定の仮想アドレス (または、一定範囲の仮想アドレス) にマッピングされた仮想メモリです。実行/読み取り/書き込みメモリは、プログラムが読み取り、変更、および実行ができるメモリです。



  • MappedSpaceExecutable
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスの仮想アドレス領域で特定の仮想アドレス (または、一定範囲の仮想アドレス) にマッピングされた仮想メモリです。実行可能メモリは、プログラムによる実行は可能ですが、読み取りまたは書き込みはできません。この種類の保護は、すべての種類のプロセッサでサポートされているとは限りません。



  • MappedSpaceExecWriteCopy
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスの仮想アドレス領域で特定の仮想アドレス (または、一定範囲の仮想アドレス) にマッピングされた仮想メモリです。Execute Write Copy メモリは、プログラムによる読み取り、書き込みとともに実行が可能なメモリです。この種類の保護は、複数のプロセスでメモリを共有する必要がある場合に使用します。これらのプロセスがメモリの読み取りのみを行う場合は、すべて同じメモリを使用します。あるプロセスがメモリへの書き込みを必要とする状況が発生した場合には、そのプロセスに対してこのメモリのコピーが作成されます。



  • MappedSpaceNoAccess
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスの仮想アドレス領域で特定の仮想アドレス (または、一定範囲の仮想アドレス) にマッピングされた仮想メモリです。これらのページに対しては、プロセスによる読み書きアクセスの保護はなく、そのようなアクセスがあってもアクセス フォールトの処理はとられません。



  • MappedSpaceReadOnly
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスの仮想アドレス領域で特定の仮想アドレス (または、一定範囲の仮想アドレス) にマッピングされた仮想メモリです。これらのページの内容は、読み取り専用保護によって変更されないようになっています。したがって、これらのページに書き込みあるいは変更を行おうとすると、アクセス フォールトになります。



  • MappedSpaceReadPerWrite
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスの仮想アドレス領域で特定の仮想アドレス (または、一定範囲の仮想アドレス) にマッピングされた仮想メモリです。読み取り保護または書き込み保護の設定があるため、これらのページに対しては、読み取り、変更、および書き込みが可能です。



  • MappedSpaceWriteCopy
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスの仮想アドレス領域で特定の仮想アドレス (または、一定範囲の仮想アドレス) にマッピングされた仮想メモリです。メモリを読み取リモードで共有する場合には、Write Copy 保護を使用します。各プロセスはメモリを読み取る際に、同じメモリを共有することができますが、共有プロセスのいずれかがこの共有メモリに書き込みアクセスを行う場合には、そのメモリのコピーが作成されます。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • ReservedSpaceExecReadOnly
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意のプロセスによる使用が予約されましたが、マッピングまたはコミットがまだ実行されていない仮想メモリです。実行/読み取り専用メモリは、プログラムによる読み取りと実行が可能なメモリです。



  • ReservedSpaceExecReadPerWrite
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意のプロセスによる使用が予約されましたが、マッピングまたはコミットがまだ実行されていない仮想メモリです。実行/読み取り/書き込みメモリは、プログラムによる読み取り、変更、および実行が可能なメモリです。



  • ReservedSpaceExecutable
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意のプロセスによる使用が予約されましたが、マッピングまたはコミットがまだ実行されていない仮想メモリです。実行メモリは、プログラムによる実行は可能ですが、読み取りまたは書き込みはできないメモリです。この種類の保護は、すべてのプロセッサ タイプでサポートされているとは限りません。



  • ReservedSpaceExecWriteCopy
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意のプロセスによる使用が予約されましたが、マッピングまたはコミットがまだ実行されていない仮想メモリです。Execute Write Copy メモリは、プログラムによる読み取りと書き込みのほか、実行が可能なメモリです。このタイプの保護は、複数のプロセス間でメモリを共有する必要があるときに使用されます。これらの共有プロセスがメモリの読み取りのみを行う場合は、各プロセスはすべて同じメモリを使用することになります。ただし、あるプロセスが書き込みアクセスを行う場合は、そのプロセスに対してメモリのコピーを作成します。



  • ReservedSpaceNoAccess
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意のプロセスによる使用が予約されましたが、マッピングまたはコミットがまだ実行されていない仮想メモリです。No Access 保護により、プロセスはこれらのページへの読み書きを行うことはできません。読み取りまたは書き込みを行うと、アクセス フォールトになります。



  • ReservedSpaceReadOnly
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意のプロセスによる使用が予約されましたが、マッピングまたはコミットがまだ実行されていない仮想メモリです。読み取り専用保護があると、これらのページの内容は変更できません。これらのページに対して書き込みまたは変更を行うと、アクセス フォールトになります。



  • ReservedSpaceReadPerWrite
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意のプロセスによる使用が予約されましたが、マッピングまたはコミットがまだ実行されていない仮想メモリです。読み取り保護または書き込み保護があると、プロセスによるページの読み取り、変更、および書き込みが可能です。



  • ReservedSpaceWriteCopy
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    任意のプロセスによる使用が予約されましたが、マッピングまたはコミットがまだ実行されていない仮想メモリです。Write Copy 保護を使用すると、読み取りのためのメモリの共有は行いますが、書き込みは不可と設定できます。メモリ読み取りの際には、それぞれのプロセスはすべて同じメモリを共有できます。ただし、ある共有プロセスがこの共有メモリに対して読み取りおよび書き込みのアクセスを必要とする場合には、そのプロセスに対してメモリのコピーが作成されます。



  • Timestamp_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • UnassignedSpaceExecReadOnly
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用しているマッピング済みまたはコミット済みの仮想メモリですが、そのプロセスが実行しているどのイメージにも属さない部分です。実行/読み取り専用メモリは、読み取りとともに実行が可能なメモリです。



  • UnassignedSpaceExecReadPerWrite
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用しているマッピング済みまたはコミット済みの仮想メモリですが、そのプロセスが実行しているどのイメージにも属さない部分です。実行/読み取り専用メモリは、プログラムによる読み取りおよび書き込みとともに、実行が可能なメモリです。



  • UnassignedSpaceExecutable
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用しているマッピング済みまたはコミット済みの仮想メモリですが、そのプロセスが実行しているどのイメージにも属さない部分です。実行メモリは、プログラムが実行することはできるが、読み取りまたは書き込みができないメモリです。このタイプの保護は、すべてのプロセッサ タイプでサポートされているとは限りません。



  • UnassignedSpaceExecWriteCopy
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用しているマッピング済みまたはコミット済みの仮想メモリですが、そのプロセスが実行しているどのイメージにも属さない部分です。Execute Write Copy は、プログラムが読み取りおよび書き込みとともに実行が可能なメモリです。この種類の保護は、複数のプロセスがメモリを共有する必要がある場合に使用します。これらのプロセスがこのメモリを読み取りのみに使用する場合、プロセスはすべて同じメモリを使用することになります。ただし、あるプロセスがこのメモリに書き込みを行う必要がある場合は、そのプロセスに対してこのメモリのコピーが作成されます。



  • UnassignedSpaceNoAccess
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用しているマッピング済みまたはコミット済みの仮想メモリですが、そのプロセスが実行しているどのイメージにも属さない部分です。No Access 保護があると、プロセスはこれらのページの読み書きを行うことはできません。読み書きを実行しようとすると、アクセスフォールトになります。



  • UnassignedSpaceReadOnly
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用しているマッピング済みまたはコミット済みの仮想メモリですが、そのプロセスが実行しているどのイメージにも属さない部分です。読み取り専用保護があると、これらのページの内容を変更することはできません。これらのページに書き込みまたは変更を実行しようとすると、アクセスフォールトになります。



  • UnassignedSpaceReadPerWrite
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用しているマッピング済みまたはコミット済みの仮想メモリですが、そのプロセスが実行しているどのイメージにも属さない部分です。読み取り保護または書き込み保護を使用して、プロセスによるページの内容の読み取り、変更、および書き込み、アクセスが可能です。



  • UnassignedSpaceWriteCopy
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    プロセスが使用しているマッピング済みまたはコミット済みの仮想メモリですが、そのプロセスが実行しているどのイメージにも属さない部分です。Write Copy 保護は、読み取りのためのメモリの共有は行うが、書き込みは不可とする場合に設定します。メモリ読み取りの際には、それぞれのプロセスはすべて同じメモリを共有することができます。ただし、ある共有プロセスがこの共有メモリに対して読み取りおよび書き込みのアクセスを必要とする場合には、そのプロセスに対してメモリのコピーが作成されます。




    メソッド リスト

    Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_PerfFormattedData_PerfProc_ProcessAddressSpace_Costly クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…