WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfFormattedData_
PerfNet_ServerWorkQueues クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT 関連情報を気軽に知りたい方へ、キーマンズネットがおすすめです
私も使っていますお勧め SIM フリースマホ ASUS Zenfone
DMM mobile なら常に格安 SIM 業界最安値水準で使えます

Win32_PerfFormattedData_
PerfNet_ServerWorkQueues クラス - WMI Library

Win32_PerfFormattedData_
PerfNet_ServerWorkQueues クラスの説明

Server Work Queues パフォーマンス オブジェクトには、キューの長さおよびキュー内のオブジェクトを監視するカウンターがあります。
WMI Provider は、WmiPerfInst です。



プロパティ リスト

  • ActiveThreads
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    この CPU で、サーバー クライアントからの要求に対して現在作業しているスレッドの数です。システムは、不必要なコンテキストの切り替えを最小限に抑えるために、この値をできるだけ低くしようとします。この値はある時点でのカウントで、ある時間間隔での平均値ではありません。



  • AvailableThreads
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    この CPU で、クライアントからの要求に対して現在作業していないサーバー スレッドの数です。サーバーは動的にスレッドの数を調整し、サーバーのパフォーマンスを最適化します。



  • AvailableWorkItems
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    クライアントからのすべての要求はサーバーで "作業アイテム" として表され、サーバーは処理を高速化するために、CPU ごとに使用可能な作業アイテムのプールを維持します。この値は、この CPU で使用可能な作業アイテムのある時点での値です。0 に近い値が持続する場合は、サーバー サービスの MinFreeWorkItems レジストリ値を増やす必要があることを表しています。この値は、SMB1 Blocking Queue インスタンスでは常に 0 です。



  • BorrowedWorkItems
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    クライアントからのすべての要求はサーバーで "作業アイテム" として表され、サーバーは処理を高速化するために、CPU ごとに使用可能な作業アイテムのプールを維持します。CPU は、使用可能な作業アイテムがなくなると、別の CPU から未使用の作業アイテムを借り出します。このカウンターの値が増え続ける場合は、サーバー サービスの MaxWorkItems または MinFreeWorkItems レジストリ値を増やす必要があることを表しています。この値は、Blocking Queue および SMB2 Queue インスタンスでは常に 0 です。



  • BytesReceivedPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でネットワーク クライアントから受信しているバイトの率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。



  • BytesSentPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でネットワーク クライアントに送信しているバイトの率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。



  • BytesTransferredPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でネットワーク クライアントと送受信しているバイトの率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • ContextBlocksQueuedPersec
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    作業コンテキスト ブロックがサーバーでの処理待ちのためにサーバーの FSP キューに入れられる必要があった率です。



  • CurrentClients
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    この CPU が処理しているクライアントのある時点での数です。サーバーは、クライアント負荷をシステム内の全サーバーに動的に振り分けます。この値は、Blocking Queue インスタンスでは常に 0 です。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    統計またはメトリックの説明です。



  • Frequency_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Frequency_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • QueueLength
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    Blocking キューと Nonblocking キュー内にある作業アイテムの現在の数です。この CPU に対する特別な作業アイテムを処理するために、サーバーがどの程度ビジーであるかを示します。キューの長さが 4 を超える状態が持続する場合、プロセッサに大きな負荷がかかっていることを示します。この値はある時点でのカウントで、ある時間間隔での平均値ではありません。



  • ReadBytesPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でクライアント用にデータをファイルから読み取っている率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。



  • ReadOperationsPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でクライアント用にファイル読み取り操作を実行している率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。この値は、Blocking Queue インスタンスでは常に 0 です。



  • Timestamp_Object
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_PerfTime
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Timestamp_Sys100NS
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    N/A



  • TotalBytesPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でクライアント用にデータをファイルへ書き込んでいるおよびファイルから読み取っている率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。



  • TotalOperationsPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でクライアント用にファイル読み取り/書き込み操作を実行している率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。この値は、Blocking Queue インスタンスでは常に 0 です。



  • WorkItemShortages
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    クライアントからのすべての要求はサーバーで "作業アイテム" として表され、サーバーは処理を高速化するために、CPU ごとに使用可能な作業アイテムのプールを維持します。0 を超える値が持続する場合は、サーバー サービスの MaxWorkItems レジストリ値を増やす必要があることを表しています。この値は、Blocking Queue および SMB2 Queue インスタンスでは常に 0 です。



  • WriteBytesPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でクライアント用にデータをファイルに書き込んでいる率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。



  • WriteOperationsPersec
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    サーバーがこの CPU でクライアント用にファイル書き込み操作を実行している率です。この値は、サーバーのビジー状態を測定する目安になります。この値は、Blocking Queue インスタンスでは常に 0 です。




    メソッド リスト

    Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_PerfFormattedData_PerfNet_ServerWorkQueues クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…