WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_PerfFormattedData_ASP_ActiveServerPages クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
話題のプリウス、ディーラーオプションもネットで気軽に購入
家族でのんびり北海道旅行はいかがですか?広い台地でのんびり〜
毎日の仕事のお供におすすめミネラルウォータークリスタルカイザー

Win32_PerfFormattedData_ASP_ActiveServerPages クラス - WMI Library

Win32_PerfFormattedData_ASP_ActiveServerPages クラスの説明

Active Server Page オブジェクト タイプはシステムの Active Server Page デバイスを処理します。
WMI Providerは、WmiPerfInstです。



プロパティ リスト

  • Caption
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

統計またはメトリックの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • DebuggingRequests
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ドキュメントのデバッグ要求の数です。



  • Description
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

統計またはメトリックの説明です。



  • EngineFlushNotifications
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

変更通知によってキャッシュ内で無効になったエンジンの数です。



  • ErrorsDuringScriptRuntime
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

ランタイム エラーにより失敗した要求の数です。



  • ErrorsFromASPPreprocessor
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

プリプロセッサ エラーにより失敗した要求の数です。



  • ErrorsFromScriptCompilers
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

スクリプト コンパイル エラーにより失敗した要求の数です。



  • ErrorsPerSec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

1 秒間のエラーの数です。



  • Frequency_Object
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Frequency_PerfTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Frequency_Sys100NS
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • InMemoryTemplateCacheHitRate
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

メモリのキャッシュで見つかった要求のパーセントです。



  • InMemoryTemplatesCached
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

メモリにキャッシュされたコンパイル済みテンプレートの数です。



  • Name
 Data Type: string
 Access Type: Read Only

Name プロパティにより、統計またはメトリックを認識するラベルが定義されます。サブクラスの場合、プロパティは上書きされて Key プロパティとなります。



  • RequestBytesInTotal
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

すべての要求のサイズの合計をバイトで示します。



  • RequestBytesOutTotal
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

クライアントに送信された応答のサイズの合計をバイトで示します。これには標準 HTTP 応答ヘッダーは含みません。



  • RequestExecutionTime
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

最新の要求を実行するためにかかったミリ秒数です。



  • RequestsDisconnected
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

通信エラーのため切断された要求の数です。



  • RequestsExecuting
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

現在実行している要求の数です。



  • RequestsFailedTotal
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

エラー、承認エラー、拒否により失敗した要求の数です。



  • RequestsNotAuthorized
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

アクセス権限が不足していたために失敗した要求の数です。



  • RequestsNotFound
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

見つからなかったファイルの要求の数です。



  • RequestsPerSec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

1 秒間に実行された要求の数です。



  • RequestsQueued
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

キューからのサービスを待っている要求の数です。



  • RequestsRejected
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

処理するためのリソースが不足していたために、実行されなかった要求の総数です。



  • RequestsSucceeded
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

実行された要求の数です。



  • RequestsTimedOut
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

タイム アウトした要求の数です。



  • RequestsTotal
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

サービスが開始されてからの要求の総数です。



  • RequestWaitTime
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

最新の要求がキューに入っていたミリ秒数です。



  • ScriptEngineCacheHitRate
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

スクリプト エンジンのキャッシュで見つかった要求の割合です。



  • ScriptEnginesCached
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

キャッシュ内のスクリプト エンジンの数です。



  • SessionDuration
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

最新のセッションが持続したミリ秒数です。



  • SessionsCurrent
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

現在サービスされているセッションの数です。



  • SessionsTimedOut
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

タイム アウトしたセッションの数です。



  • SessionsTotal
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

サービスが開始されてからのセッションの総数です。



  • TemplateCacheHitRate
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

テンプレート キャッシュで見つかった要求のパーセントです。



  • TemplateNotifications
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

変更通知によりキャッシュで無効になったテンプレートの数です。



  • TemplatesCached
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

現在キャッシュされたテンプレートの数です。



  • Timestamp_Object
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Timestamp_PerfTime
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • Timestamp_Sys100NS
 Data Type: uint64
 Access Type: Read Only

N/A



  • TransactionsAborted
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

中止された処理の数です。



  • TransactionsCommitted
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

コミットした処理の数です。



  • TransactionsPending
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

現在行われている処理の数です。



  • TransactionsPerSec
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

一秒間に開始される処理です。



  • TransactionsTotal
 Data Type: uint32
 Access Type: Read Only

サービスが開始されてからの処理の総数です。





メソッド リスト



WQL サンプル (e.g. VB/PowerShell)

Win32_PerfFormattedData_ASP_ActiveServerPages

VB6/VBS
SWbemServicesクラスのExecQueryメソッドからWQLを実行可能です。
Set PrcSet = Service.ExecQuery("Win32_PerfFormattedData_ASP_ActiveServerPages")

VB.Net
ObjectQueryクラスのQueryStringプロパティにWQLを設定し、ManagementObjectSearcherクラスのGetメソッドからWQLを実行可能です。
Searcher.Query.QueryString = "Win32_PerfFormattedData_ASP_ActiveServerPages"
PrcSrc = Searcher.Get

PowerShell
Get-WmiObjectコマンドレットのqueryオプションを指定しWQLを実行可能です。
Get-WmiObject -query "Win32_PerfFormattedData_ASP_ActiveServerPages"


このサイトの情報について

このコンテンツはWMIの各コンポーネントが持っているWin32_PerfFormattedData_ASP_ActiveServerPagesクラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
参照したWMIの名前空間はroot/CIMV2、参照OS環境はWindows 2000以降のOSを対象としております。

WMIの使い方(VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShellを対象)に関してはWMI Stepも参考にしてみてください。(WMI初心者・入門編としてもおすすめです。)
各種言語を使用したWMIを使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。


ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
CompTIA A+ を所有してたりします…

- WMI Fun !! -
http://www.wmifun.net/
Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
Visual Basic を使ってのんびり公開しています
WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

This website is created by Toh.
Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

∧ ページの先頭へ…