WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_NetworkProtocol クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
家族でのんびり北海道旅行はいかがですか?広い台地でのんびり〜
毎日の仕事のお供におすすめミネラルウォータークリスタルカイザー
電子タバコならやっぱりアイコス ネイビー

Win32_NetworkProtocol クラス - WMI Library

Win32_NetworkProtocol クラスの説明

Win32_NetworkProtocol クラスは、Win32 コンピューター システムのプロトコルとそのネットワーク特性を表します。
WMI Provider は、CIMWin32 です。
UUID は、{8502C4D8-5FBB-11D2-AAC1-006008C78BC7} です。



プロパティ リスト

  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • ConnectionlessService
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    ConnectionlessService プロパティは、プロトコルでコネクションレス型サービスがサポートされているかどうかを示します。コネクションレス (データグラム) 型サービスは、データ パケットが別々にルートされ、別のルートを通って、送信されたときと異なる順序で到達する通信プロトコルまたは転送を示します。反対に、接続指向のサービスでは、仮想回路によって、データ パケットは転送されたときと同じ順序で受信されます。コンピューター間の接続が失敗すると、アプリケーションは通知されます。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE は、プロトコルでコネクションレス型サービスが使用されることを示します。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • GuaranteesDelivery
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    GuaranteesDelivery プロパティは、送信されたデータがすべて目的の宛先に届くことがこのプロトコルで保証されるかどうかを示します。このフラグが FALSE の場合、そのような保証はありません。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルによりデータ パケットの保証された配信がサポートされることを示します。



  • GuaranteesSequencing
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    GuaranteesSequencing プロパティは、データが送信された順序で届くことをこのプロトコルで保証されるかどうかを示します。この特質によりデータの配信ではなく、順序だけが保証されることに注意してください。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE は送信データの順序が保証されることを示します。



  • InstallDate
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    N/A



  • MaximumAddressSize
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    MaximumAddressSize プロパティは、プロトコルによってサポートされる最長ソケット アドレスを示します。ソケット アドレスは URL (www.microsoft.com) または IP アドレス (130.215.24.1) のような項目です。



  • MaximumMessageSize
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    MaximumMessageSize プロパティは、プロトコルによってサポートされているメッセージの最大サイズを示します。これは、ホストが送受信できるメッセージの最大サイズです。メッセージ フレーミングがサポートされないプロトコルに対して、指定されたアドレスに送信されるメッセージの実際の最大サイズはこの値より小さくなります。このプロパティで定義される 2 つの特別な値があります:
    0 - プロトコルはストリーム指向です; メッセージ サイズの概念は関連していません。
    1 - 発信 (送信) メッセージの最大サイズは基礎ネットワーク MTU (最大転送ユニット) に依存するので、ソケットがバインドされるまでわかりません。ソケットがローカル アドレスにバインドされた後で SO_MAX_MSG_SIZE の値を取得するために、アプリケーションにより getsockopt が使用されます。
    0xFFFFFFFF - 指定した最大メッセージ サイズは定義されません。



  • MessageOriented
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    MessageOriented プロパティは、プロトコルがメッセージ指向であるかどうかを示します。メッセージ指向プロトコルでは、情報の転送にデータのパケットが使用されます。このため、ストリーム指向のプロトコルによりバイトの連続ストリームとしてデータが転送されます。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルがメッセージ指向であることを示します。



  • MinimumAddressSize
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    MinimumAddressSize プロパティにより、プロトコルによってサポートされる最短ソケット アドレスが指定されます。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Name プロパティには、プロトコルの名前が含まれています。
    例: TCP/IP



  • PseudoStreamOriented
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    PseudoStreamOriented プロパティは、プロトコルが可変長データ パケットを受信できるメッセージ指向プロトコルか、受信操作すべてのストリーム データかどうかを示します。このオプションの機能は、アプリケーションにメッセージをフレームにするプロトコルではなく、ストリーム指向の特質が必要なときに有効です。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルが偽ストリーム指向であることを示します。



  • Status
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • SupportsBroadcasting
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsBroadcasting プロパティは、ネットワークをとおしてメッセージをブロードキャストするメカニズムをプロトコルがサポートするかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルによりブロードキャストがサポートされることを示します。



  • SupportsConnectData
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsConnectData プロパティは、プロトコルによりデータがネットワークをとおして接続できるかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE は、プロトコルによりデータが接続されることを示します。



  • SupportsDisconnectData
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsDisconnectData プロパティは、プロトコルによりデータがネットワークで接続解除されるかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE は、プロトコルによりデータの接続が切断されることを示します。



  • SupportsEncryption
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsEncryption プロパティは、プロトコルがデータの暗号化をサポートするかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルによりデータの暗号化がサポートされることを示します。



  • SupportsExpeditedData
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsExpeditedData プロパティは、プロトコルがネットワークをとおして優先データ (緊急データ) をサポートするかどうかを示します。優先データにより、フロー制御がバイパスされ、通常のデータ パケットで優先順位が受信されます。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルにより優先データがサポートされることを示します。



  • SupportsFragmentation
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsFragmentation プロパティは、プロトコルが断片化のデータの転送をサポートしているかどうかを示します。物理ネットワークの最大転送ユニット (MTU) はアプリケーションには非表示です。各メディア タイプには、拡張されない最大フレーム サイズがあります。リンク層は MTU を発見し、使用しているプロトコルに報告します。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルにより断片化のデータ送信がサポートされることを示します。



  • SupportsGracefulClosing
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsGracefulClosing プロパティは、プロトコルが 2 フェーズの閉じる操作 (正常な閉じる操作) をサポートするかどうかを示します。なしの場合、プロトコルがサポートするのは中止になる閉じる操作だけです。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルによりネットワーク接続の正常な終了がサポートされることを示します。



  • SupportsGuaranteedBandwidth
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsGuaranteedBandwidth プロパティは、プロトコルに保証された帯域幅を確立し維持するメカニズムがあるかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルにより保証された帯域幅がサポートされることを示します。



  • SupportsMulticasting
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsMulticasting プロパティは、プロトコルがマルチキャストをサポートするかどうかを示します。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルによりマルチキャストがサポートされることを示します。



  • SupportsQualityofService
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SupportsQualityofService プロパティは、プロトコルが基礎複数層サービス プロバイダーまたは転送キャリアを経由してサービスの品質 (QOS) をサポートできるかどうかを示します。QOS は、ネットワークで転送されるデータのサブセットに対してほかと違う優先的な処置を有効にするコンポーネントのコレクションです。QOS は、データのサブネットがネットワークを通るとき高い優先度または保証されたサービスを得ることを明確にではなく示します。
    値: TRUE または FALSE です。値 TRUE はプロトコルにより QOS がサポートされることを示します。




    メソッド リスト

    Win32_NetworkProtocol クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_NetworkProtocol

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_NetworkProtocol")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_NetworkProtocol")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_NetworkProtocol"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_NetworkProtocol"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_NetworkProtocol"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_NetworkProtocol


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_NetworkProtocol クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…