WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_MemoryArray クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
電子タバコならやっぱりアイコス ネイビー
気になる車は新車購入支援サイト オートックワンで最短 60 秒で見積もり OK
常に話題の最先端を行くスマートフォンは、 Apple iPhone

Win32_MemoryArray クラス - WMI Library

Win32_MemoryArray クラスの説明

Win32_MemoryArray クラスは、コンピューター システムのメモリ配列とマップされたアドレスのプロパティを表します。
WMI Provider は、CIMWin32 です。
UUID は、{FAF76B9A-798C-11D2-AAD1-006008C78BC7} です。



プロパティ リスト

  • Access
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    Access はメディアが読み取り可能 (値 = 1) かどうか、書き込み可能 (値 = 2) かどうか、またはその両方 (値 = 3) かどうかを説明します。"不明" (0) および "ライト ワンス" (4) も定義できます。



  • AdditionalErrorData
  • Data Type: uint8
    Access Type: Read Only

    AdditionalErrorData プロパティには、エラー情報がさらに含まれています。例は、ECC Syndrome または CRC ベースの ErrorMethodology が使用される場合のチェック ビットの戻りです。後の場合、シグナル ビット エラーが認知され CRC アルゴリズムがわかっている場合、失敗した正確なビットを決定することができます。この種類のデータ (ECC Syndrome データ、Check Bit データ、Parity Bit データ、またはほかのベンダーが提供する情報) はこのフィールドに含まれます。このプロパティは ErrorInfo プロパティが 3 と異なるときにのみ使用されます。



  • Availability
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    デバイスの利用可能性と状態です。たとえば、Availability プロパティは、デバイスが実行中で通常の電力状態 (値 = 3) にあるか、警告 (4)、テスト中 (5)、低下 (10)、または省電力状態 (値 = 13-15 および 17) にあることを示します。省電力状態は次のように定義されています: 値 13 ("省電力 - 不明") は、デバイスが省電力モードになっていることは確かだが、省電力モードにおけるどの状態にあるかが不明であることを示します。値 14 ("省電力 - 低電力モード") は、デバイスが省電力状態になっているが機能しており、パフォーマンスは低下する場合があることを示します。値 15 ("省電力 - スタンバイ") は、デバイスが機能していないが、通常の電力での動作に 'すばやく' 移行できることを示します。値 17 ("省電力 - 警告") は、デバイスが警告状態になっているが、省電力モードでもあることを示します。



  • BlockSize
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    この StorageExtent を形成するブロックのサイズ (バイト) です。可変ブロック サイズの場合は、最大ブロック サイズ (バイト) を指定する必要があります。ブロック サイズが不明、またはブロックの概念が無効な場合 (集合拡張、メモリ、LogicalDisk など)、1 を入力してください。



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • ConfigManagerErrorCode
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    Win32 構成マネージャーのエラー コードを示します。次の値が返されます:
    0 このデバイスは正常に動作しています。
    1 このデバイスは正しく構成されていません。
    2 このデバイスのドライバーを読み込めません。
    3 このデバイスのドライバーは壊れているか、あるいはメモリまたは他のリソースが不足している状態でシステムが実行されている可能性があります。
    4 このデバイスは正常に動作していません。ドライバーつまたはレジストリが壊れている可能性があります。
    5 このデバイスのドライバーには Windows が管理できないリソースが必要です。
    6 このデバイスのブート構成が他のデバイスと競合しています。
    7 フィルター処理できません。
    8 デバイスのドライバー ローダーが見つかりません。
    9 このデバイスを制御するファームウェアからリソースが正しく報告されないため、このデバイスは正常に動作していません。
    10 このデバイスを開始できません。
    11 このデバイスはエラーで停止しました。
    12 このデバイスで使用できる十分な空きリソースが見つかりません。
    13 このデバイスのリソースを確認できません。
    14 コンピューターを再起動するまでこのデバイスは正常に動作しません。
    15 このデバイスは、再列挙に問題が発生している可能性があり、正常に動作していません。
    16 このデバイスで使用される一部のリソースを認識できません。
    17 このデバイスは不明なリソースの種類を要求しています。
    18 このデバイスのドライバーを再インストールしてください。
    19 レジストリが壊れている可能性があります。
    20 VxD ローダーの使用に失敗しました。
    21 システム エラー: このデバイスのドライバーを変更してみてください。うまくいかない場合はハードウェアのマニュアルを参照してください。このデバイスは削除されます。
    22 このデバイスは無効になっています。
    23 システム障害: このデバイスのドライバーを変更してみてください。うまくいかない場合はハードウェアのマニュアルを参照してください。
    24 このデバイスは存在しないか、正常に動作していないか、または一部のドライバーがインストールされていません。
    25 このデバイスはまだセットアップ処理中です。
    26 このデバイスはまだセットアップ処理中です。
    27 このデバイスに有効なログ構成がありません。
    28 このデバイスのドライバーはインストールされていません。
    29 このデバイスは、必要なリソースがデバイスのファームウェアから提供されなかったため無効になっています。
    30 このデバイスは、他のデバイスが使用している割り込み要求 (IRQ) リソースを使用しています。
    31 このデバイスは、このデバイスに必要なドライバーを読み込めないため正常に動作していません。



  • ConfigManagerUserConfig
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    デバイスがユーザー定義の構成を使用しているかどうかを示します。



  • CorrectableError
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    CorrectableError プロパティは、最新のエラーが修正可能であるかどうかを示します。このプロパティは ErrorInfo が 3 に設定される場合は使用されません。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、エラーは修正可能です。



  • CreationClassName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CreationClassName は、インスタンスの作成で使用されるクラス名、またはサブクラス名を示します。このクラスの他のキー プロパティと一緒に使用すると、このクラスおよびそのサブクラスのインスタンスすべてがこのプロパティによって一意に識別されます。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • DeviceID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    DeviceID プロパティには、メモリ配列を一意に識別する文字列が含まれています。
    例: メモリ配列 1 です。



  • EndingAddress
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    EndingAddress プロパティにより、アプリケーションまたはオペレーティング システムによって参照される終了アドレスが指定されます。このメモリ アドレスはこのメモリ オブジェクトのメモリ コントローラーによってマップされます。



  • ErrorAccess
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    ErrorAccess プロパティは、前回のエラーを発生させたメモリ アクセス操作を示します。このプロパティは ErrorInfo が 3 に設定されていないときにのみ有効です。



  • ErrorAddress
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    ErrorAddress プロパティにより、前回のメモリ エラーのアドレスが指定されます。このプロパティは ErrorInfo が 3 に設定されていないときにのみ使用されます。



  • ErrorCleared
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    ErrorCleared は LastErrorCode プロパティで報告されたエラーが現在解決されているかどうかを示すブール値のプロパティです。



  • ErrorData
  • Data Type: uint8
    Access Type: Read Only

    ErrorData プロパティには、エラーが発生した前回のメモリ アクセスから取得されたデータが含まれています。ErrorTransferSize プロパティで指定されたビット数を保留するために必要な配列の最初の n オクテットがデータによって使用されます。ErrorTransferSize が 0 の場合、このプロパティは使用されません。



  • ErrorDataOrder
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    ErrorDataOrder プロパティは、ErrorData プロパティに保存されたデータの順序を示します。このプロパティは ErrorTransferSize が 0 のときにのみ使用されます。



  • ErrorDescription
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ErrorDescription は、LastErrorCode プロパティに記録されたエラーに関する詳細情報およびそれに対する修正アクションに関する情報を提供する自由形式の文字列です。



  • ErrorGranularity
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    ErrorGranularity により、エラーを解決できるレベルが識別されます。
    例: デバイス レベル



  • ErrorInfo
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    ErrorInfo プロパティには、最近発生したエラーの種類を説明する整数の列挙が含まれています。値 12-14 は、このプロパティでは使用されません。これらの値は、エラーは修正可能だが、この情報は CorrectableError プロパティで検索されることを示します。



  • ErrorMethodology
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ErrorMethodology プロパティにより、メモリ ハードウェアによって使用されるエラー チェックの種類が指定されます。



  • ErrorResolution
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    ErrorResolution プロパティにより、実際にエラーを発生させるデータの量が指定されます。このプロパティは ErrorInfo プロパティが 3 に設定されているときは使用されません。



  • ErrorTime
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    ErrorTime プロパティには、前回のメモリ エラーが発生した時間が含まれています。このプロパティは ErrorInfo が 3 に設定されていないときにのみ有効です。



  • ErrorTransferSize
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    ErrorTransferSize プロパティにより、転送されるデータのサイズが指定されます。データには前回のエラーも含まれます。このプロパティはエラーがない場合は 0 に設定されます。



  • InstallDate
  • Data Type: datetime
    Access Type: Read Only

    N/A



  • LastErrorCode
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Only

    LastErrorCode には、その論理デバイスで最後に報告されたエラー コードが記録されています。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • NumberOfBlocks
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    この拡張記憶域を形成する連続ブロックの総数です (各ブロックのサイズは BlockSize プロパティの値により指定されます)。拡張記憶域の合計サイズは、BlockSize プロパティの値とこのプロパティの値を掛けて計算されます。BlockSize 値が 1 の場合、このプロパティは拡張記憶域の合計サイズです。



  • OtherErrorDescription
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    OtherErrorDescription プロパティで、ErrorInfo プロパティが 1 に設定されているときの情報が提供されます。



  • PNPDeviceID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    論理デバイスの Win32 プラグ アンド プレイ デバイス ID を示します。例: *PNP030b



  • PowerManagementCapabilities
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    論理デバイスの具体的な電源関連機能を示します。0="不明"、1="サポートされていません"、および 2="無効" は文字どおりの意味です。3="有効" は、電源管理機能は現在有効であるが、正確な機能セットが不明か、または情報を取得できないことを示します。"自動省電力モード" (4) は、使用状況または他の条件に基づいてデバイスが電源の状態を変更できることを示します。"電源の状態設定可能" (5) は、SetPowerState メソッドがサポートされていることを示します。"電源サイクル サポート" (6) は、SetPowerState メソッドの PowerState 入力変数に 5 ("電源サイクル") を設定して呼び出せることを示します。"時刻指定電源オン サポート" (7) は、SetPowerState メソッドの PowerState 入力変数に 5 ("電源サイクル") を設定し、Time パラメーターに電源オンの具体的な日時または時間間隔を設定して呼び出せることを示します。



  • PowerManagementSupported
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    デバイスの電源管理が可能である (省電力状態に移行できる) ことを示すブール値です。電源管理機能が現在有効であるかどうかや、有効である場合にどの機能がサポートされるかを示す値ではありません。そうした情報については PowerManagementCapabilities 配列を参照する必要があります。このブール値が false の場合、PowerManagementCapabilities 配列には、文字列 "サポートされていません" を示す整数値 1 のエントリだけが含まれます。



  • Purpose
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    メディアおよび (または) その使用方法を説明する自由形式の文字列です。



  • StartingAddress
  • Data Type: uint64
    Access Type: Read Only

    StartingAddress プロパティにより、アプリケーションまたはオペレーティング システムに参照される先頭アドレスが指定されます。このメモリ アドレスはこのメモリ オブジェクトのメモリ コントローラーによってマップされます。



  • Status
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • StatusInfo
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    StatusInfo は、論理デバイスが有効 (値 = 3)、無効 (値 = 4)、その他の状態 (1) または不明な状態 (2) であることを示す文字列です。このプロパティが論理デバイスに適用されない場合は、値 5 ("該当なし") が使用されます。



  • SystemCreationClassName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    スコーピング システムの CreationClassName です。



  • SystemLevelAddress
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    SystemLevelAddress プロパティは、ErrorAddress プロパティのアドレス情報がシステム レベル アドレス (TRUE) か物理アドレス (FALSE) かを示します。 このプロパティは ErrorInfo が 3 に設定されていないときにのみ使用されます。
    値: TRUE または FALSE です。TRUE の場合、ErrorAddress にはシステム レベルのアドレスが含まれます。



  • SystemName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    スコーピング システムの名前です。




    メソッド リスト

  • SetPowerState
  • SetPowerState は、論理デバイスに対して希望する電源状態と、デバイスをいつその状態にするかを定義します。電源状態は、1="通常の電力"、2="省電力 - 低電力モード"、3="省電力 - スタンバイ"、4="省電力 - その他"、5="電源サイクル" または 6="電源オフ" のいずれかの整数値を PowerState パラメーターに設定することで指定します。Time パラメーターには、(5 の "電源サイクル" を除くすべての状態変更について) 電源状態を設定するときを示す標準の日付時刻値または間隔値 (メソッド呼び出しが受信された時点からの経過時間) を指定します。PowerState パラメーターが 5 の "電源サイクル" の場合、Time パラメーターには、システムをもう一度電源オンにするときを指定します。電源オフは直ちに実行されます。SetPowerState は、成功した場合は 0 を返し、指定した PowerState および要求時間がサポートされていない場合は 1 を返し、その他のエラーが発生した場合は別の値を返します。サブクラスでは、メソッドに ValueMap 修飾子を使用して可能なリターン コードのセットを指定できる場合があります。また、サブクラスでは、ValueMap の内容を '翻訳' した文字列を Values 配列修飾子として指定できる場合があります。



  • Reset
  • 論理デバイスのリセットを要求します。要求が正常に実行された場合、返される値は 0 で、要求がサポートされない場合は 1 です。また、エラーが発生した場合は他の値となります。




    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_MemoryArray

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_MemoryArray")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_MemoryArray")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_MemoryArray"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_MemoryArray"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_MemoryArray"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_MemoryArray


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_MemoryArray クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…