WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_DirectorySpecification クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
私も使っていますお勧め SIM フリースマホ ASUS Zenfone
DMM mobile なら常に格安 SIM 業界最安値水準で使えます
ATM 利用時の入出金手数料が最大 7 回/月無料、楽天銀行

Win32_DirectorySpecification クラス - WMI Library

Win32_DirectorySpecification クラスの説明

このクラスは製品のディレクトリ レイアウトを表します。クラスの各インスタンスは、元のイメージおよび移動先のイメージのディレクトリを表します。ディレクトリ解決は、CostFinalize 作動中に実行され、次のように解決されます: ルート ディレクトリのエントリは、ヌルの Directory_Parent 値か、またはディレクトリ値と同じ Directory_Parent 値のディレクトリです。[ディレクトリ] プロパティの値は移動先のディレクトリの場所を定義するプロパティ名として解釈されます。プロパティが定義済みの場合は、移動先のディレクトリはプロパティの値に解決されます。プロパティが未定義の場合は、パスを解決する変わりに ROOTDRIVE プロパティが使われます。ルート元のディレクトリ: ルート エントリの DefaultDir 列の値は、このディレクトリのソースの場所を定義するプロパティ名として解釈されます。このプロパティは定義される必要があります。定義しないとエラーが発生します。非ルート先ディレクトリ: 非ルート先ディレクトリの [ディレクトリ] 値も移動先の場所を定義するプロパティ名として解釈されます。プロパティが定義されている場合、移動先ディレクトリはプロパティの値に解決されます。プロパティが未定義の場合は、移動先ディレクトリは、Directory_Parent エントリの、解決された移動先ディレクトリの下にあるサブディレクトリに解決されます。DefaultDir 値によって、サブディレクトリ名が定義されます。非ルート元ディレクトリ: 非ルートディレクトリのソース ディレクトリは、Directory_Parent エントリの、解決されたソース ディレクトリのサブディレクトリに解決されます。もう一度、DefaultDir 値によってサブディレクトリ名が定義されます。
WMI Provider は、MSIProv です。
UUID は、{6328B2A8-DB32-11d2-85FC-0000F8102E5F} です。



プロパティ リスト

  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • CheckID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    チェックを一意に識別するためにほかのキーと関連して使用される識別子です。



  • CheckMode
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    CheckMode プロパティは、状態が環境に存在することが予想されるか、されないかを示すために使用されます。値が True のときは、条件があることが予想される (たとえば、ファイルがシステム上にあると予想される) ので、invoke() には True が返ることが予想されます。 値が False のときは、条件がないことが予想される (たとえば、ファイルがシステム上にない) ので、起動には false が返ることが予想されます。



  • DefaultDir
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    オブジェクトの説明です。



  • Directory
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    N/A



  • DirectoryPath
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    DirectoryPath プロパティは、ディレクトリ名の獲得に使用されます。アプリケーション プロバイダーに指定される値は、実際は既定または推奨のパス名です。値は特定の環境によって変更されます。



  • DirectoryType
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    DirectoryType プロパティにより、説明されるディレクトリの種類が評価されます。



  • Name
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このソフトウェア要素を識別するのに使用される名前です。



  • SoftwareElementID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    このソフトウェア要素の識別子です。



  • SoftwareElementState
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    ソフトウェア要素のソフトウェア要素状態です



  • TargetOperatingSystem
  • Data Type: uint16
    Access Type: Read Only

    このソフトウェア要素の対象オペレーティング システムです。



  • Version
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    バージョンの形式は、<メジャー>.<マイナー>.<リビジョン> または <メジャー>.<マイナー><レター><リビジョン> です。




    メソッド リスト

  • Invoke
  • Invoke メソッドにより特定のチェックが評価されます。CIM コンテキストで特定のチェックを評価するメソッドに関する詳細は、非抽象型 CIM_Check サブクラスで記述されています。メソッドの結果は、戻り値に基づいています。- 条件が満たされない場合は、0 が返ります。- メソッドがサポートされない場合は、1 が返ります。 - そのほかの値は条件が満たされないことを示します。




    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_DirectorySpecification

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_DirectorySpecification")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_DirectorySpecification")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_DirectorySpecification"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_DirectorySpecification"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_DirectorySpecification"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_DirectorySpecification


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_DirectorySpecification クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…