WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_DCOMApplicationSetting クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる車は新車購入支援サイト オートックワンで最短 60 秒で見積もり OK
常に話題の最先端を行くスマートフォンは、 Apple iPhone
ふるさと納税で日本を元気にしましょう!

Win32_DCOMApplicationSetting クラス - WMI Library

Win32_DCOMApplicationSetting クラスの説明

Win32_DCOMApplicationSetting クラスは、DCOM アプリケーションの設定を表します。レジストリの AppID キーに関連する DCOM 構成オプションが含まれます。これらのオプションは、指定されたアプリケーション クラスに論理的にグループ化されているコンポーネントに有効です。
WMI Provider は、CIMWin32 です。
UUID は、{E5D8A561-F6C0-11d2-B35E-00105A1F8569} です。



プロパティ リスト

  • AppID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    AppID プロパティは、この DCOM アプリケーションのグローバル一意識別子 (GUID) です。



  • AuthenticationLevel
  • Data Type: uint32
    Access Type: Read Write

    AuthenticationLevel プロパティは、この COM サーバーで要求されるクライアントの認証レベルの最小値を示します。NULL の場合、既定値が使用されます。認証レベルには次が含まれます:
    なし - 実行される認証はありません。
    接続 - 認証は、クライアントとアプリケーションの関係が確立されるときのみ実行されます。
    呼び出し - 認証は、アプリケーションが要求を受信するときに各呼び出しの始めでだけ実行されます。
    パケット - 認証はクライアントから受信されるすべてのデータで実行されます。
    パケットの整合性 - クライアントとアプリケーション間で転送されるすべてのデータが認証され、確認されます。
    パケットのプライバシー - ほかの認証レベルのプロパティが使用され、すべてのデータが暗号化されます。



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • CustomSurrogate
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CustomSurrogate プロパティには、インプロセス DCOM アプリケーションがアクティブにされるカスタム サロゲートの名前が含まれています。この値が NULL で UseSurrogate キーが TRUE の場合、システムによりサロゲート プロセスが提供されます。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトの説明です。



  • EnableAtStorageActivation
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    EnableAtStorageActivation プロパティは、DCOM アプリケーションのインスタンスが、アプリケーションの保存された状態を取得したり、アプリケーションが最初に初期化される状態で始まるかどうかを示します。



  • LocalService
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    LocalService プロパティには、DCOM アプリケーションによって提供されるサービスの名前が含まれています。



  • RemoteServerName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Write

    RemoteServerName プロパティは、アプリケーションがアクティブな状態にあるリモート サーバー名を示します。



  • RunAsUser
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    RunAsUser プロパティは、アプリケーションがアクティブになっている特定のユーザー アカウントで実行されるかどうかを示します。



  • ServiceParameters
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ServiceParameters プロパティには、DCOM アプリケーションに渡されるコマンド ライン パラメーターが含まれています。これは、アプリケーションが Win32 サービスとして書かれている場合にのみ有効です。



  • SettingID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトを認識する識別子です。



  • UseSurrogate
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Write

    UseSurrogate プロパティにより、サロゲート実行可能の使用で DCOM アプリケーションがアウトプロセス サーバーとしてアクティブ状態になるかどうかが指定されます。




    メソッド リスト

  • GetLaunchSecurityDescriptor
  • オブジェクトのセキュリティ記述子の構造表示を取得します。
    このメソッドによって返される整数値の意味は次のとおりです。
    0 - 正常に完了しました。
    その他 - HRESULT Win32 エラー コード。



  • SetLaunchSecurityDescriptor
  • セキュリティ記述子を指定された構造に設定します。
    このメソッドによって返される整数値の意味は次のとおりです。
    0 - 正常に完了しました。
    その他 - HRESULT Win32 エラー コード。



  • GetAccessSecurityDescriptor
  • オブジェクトのセキュリティ記述子の構造表示を取得します。
    このメソッドによって返される整数値の意味は次のとおりです。
    0 - 正常に完了しました。
    その他 - HRESULT Win32 エラー コード。



  • SetAccessSecurityDescriptor
  • セキュリティ記述子を指定された構造に設定します。
    このメソッドによって返される整数値の意味は次のとおりです。
    0 - 正常に完了しました。
    その他 - HRESULT Win32 エラー コード。



  • GetConfigurationSecurityDescriptor
  • オブジェクトのセキュリティ記述子の構造表示を取得します。
    このメソッドによって返される整数値の意味は次のとおりです。
    0 - 正常に完了しました。
    その他 - HRESULT Win32 エラー コード。



  • SetConfigurationSecurityDescriptor
  • セキュリティ記述子を指定された構造に設定します。
    このメソッドによって返される整数値の意味は次のとおりです。
    0 - 正常に完了しました。
    その他 - HRESULT Win32 エラー コード。




    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_DCOMApplicationSetting

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_DCOMApplicationSetting")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_DCOMApplicationSetting")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_DCOMApplicationSetting"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_DCOMApplicationSetting"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_DCOMApplicationSetting"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_DCOMApplicationSetting


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_DCOMApplicationSetting クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…