WMI Fun !! 〜 WMI に興味がある方・システム管理者は必見です! 〜
 WMI Step|WMI Sample|WMI Reference|WMI Library|Enquete|About WMI Fun !!
 My Let'snote|Personal|Insomnia|Link

WMI Fun !! > WMI Library > Win32_ClassicCOMClassSetting クラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
私も使っていますお勧め SIM フリースマホ ASUS Zenfone
DMM mobile なら常に格安 SIM 業界最安値水準で使えます
ATM 利用時の入出金手数料が最大 7 回/月無料、楽天銀行

Win32_ClassicCOMClassSetting クラス - WMI Library

Win32_ClassicCOMClassSetting クラスの説明

Win32_ClassicCOMClassSetting クラスは、COM コンポーネントの設定を表します。
WMI Provider は、CIMWin32 です。
UUID は、{E5D8A562-F6C0-11d2-B35E-00105A1F8569} です。



プロパティ リスト

  • AppID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    AppID プロパティには、COM コンポーネントを使用している COM アプリケーションのグローバル一意識別子 (GUID) が含まれています。



  • AutoConvertToClsid
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    AutoConvertToClsid プロパティには、この COM コンポーネントが自動的に変換される COM クラスのグローバル一意識別子 (GUID) が含まれています。



  • AutoTreatAsClsid
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    AutoTreatAsClsid プロパティには、このクラスのインスタンスを自動的にエミュレートする COM コンポーネントのグローバル一意識別子 (GUID) が含まれています。



  • Caption
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトの簡単な説明 (1 行分の文字列) です。



  • ComponentId
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ComponentId プロパティには、この COM コンポーネントのグローバル一意識別子 (GUID) が含まれています。



  • Control
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    Control プロパティは、この COM コンポーネントが OLE コントロールであるかどうかを表します。



  • DefaultIcon
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    DefaultIcon プロパティには、実行可能ファイルへのパス、およびクラスによって使用される既定のアイコンのリソース ID が含まれています。



  • Description
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトの説明です。



  • InprocHandler
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    InprocHandler プロパティには、COM コンポーネントの 16 ビット カスタム ハンドラーへの完全なパスが含まれています。



  • InprocHandler32
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    InprocHandler32 プロパティには、COM コンポーネントの 32 ビット カスタム ハンドラーへの完全なパスが含まれています。



  • InprocServer
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    InprocServer プロパティには、この COM コンポーネントの 16 ビットのインプロセス サーバー DLL への完全なパスが含まれています。



  • InprocServer32
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    InprocServer プロパティには、この COM コンポーネントの 32 ビットのインプロセス サーバー DLL への完全なパスが含まれています。



  • Insertable
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    Insertable プロパティは、COM コンポーネントを OLE コンテナー アプリケーションに挿入できるかどうかを示します。



  • JavaClass
  • Data Type: boolean
    Access Type: Read Only

    JavaClass プロパティは、COM コンポーネントが Java コンポーネントであるかどうかを示します。



  • LocalServer
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    LocalServer プロパティには、16 ビットのローカル サーバー アプリケーションへの完全なパスが含まれています。



  • LocalServer32
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    LocalServer32 プロパティには、32 ビットのローカル サーバー アプリケーションへの完全なパスが含まれています。



  • LongDisplayName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    LongDisplayName プロパティにより、COM アプリケーションのフル ネームが指定されます。OLE の形式を選択して貼り付けダイアログ ボックスの結果フィールドのような領域で使用されます。



  • ProgId
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ProgId プロパティには、COM コンポーネントに関連するプログラマティック識別子が含まれています。ProgID の形式は次のとおりです: .<コンポーネント>.<バージョン>. この識別子は一意であることが保証されていません。



  • SettingID
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    CIM_Setting オブジェクトを認識する識別子です。



  • ShortDisplayName
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ShortDisplayName プロパティにより、COM アプリケーションの (メニューとポップアップで使用される) 短い形式の名前が指定されます。



  • ThreadingModel
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ThreadingModel プロパティによりインプロセス COM クラスに使用されるスレッド モデルが指定され、次のもの含まれます:
    アパートメント - コンポーネントは 1 つのスレッドにのみ入力されます。これらの種類のオブジェクト サーバーに維持される共通データは、オブジェクト サーバーによりコンポーネントがサポートされているのでスレッドの競合に対して保護される必要があります。各コンポーネントは別々のスレッドによって同時に入力されます。
    フリー - コンポーネントはオブジェクトを入力できるスレッドの種類または数を制限しません。オブジェクトには、スレッド固有のデータを含めることができません。オブジェクトは、複数のスレッドによる同時アクセスからデータを保護する必要があります。しかしフリー スレッドのコンポーネントはアパートメント スレッドによっては直接アクセスされず、コンポーネントへの呼び出しはクライアント アパートメントからマーシャリングされます。
    両方 - アパートメント スレッドまたはフリー スレッド モードで使用されるコンポーネントです。これらのコンポーネントは、複数のスレッドにより入力され、スレッドの衝突からデータを保護しますが、スレッド固有のデータは含みません。
    このプロパティが NULL の場合、使用されるスレッド モデルはありません。コンポーネントはクライアントのメイン スレッドで作成され、ほかのスレッドからのコールはこのスレッドにマーシャリングされます。さまざまなスレッド モデルの情報については Platform Software Development Kit を参照してください。



  • ToolBoxBitmap32
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    ToolBoxBitmap32 プロパティは、ツールバーまたはツールボックス ボタンのグラフィックに使用される小さい (16 x 16) ビットマップのモジュール名とリソース ID を示します。COM コンポーネントが OLE であるか ActiveX コントロールであるときに使用されます。



  • TreatAsClsid
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    TreatAsClsid プロパティには、このコンポーネントのインスタンスをエキュレートできる COM コンポーネントのグローバル一意識別子 (GUID) が含まれています。



  • TypeLibraryId
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    TypeLibraryId プロパティには、この COM コンポーネントのタイプ ライブラリのグローバル一意識別子 (GUID) が含まれています。



  • Version
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    Version プロパティには、この COM クラスのバージョン番号が含まれています。



  • VersionIndependentProgId
  • Data Type: string
    Access Type: Read Only

    VersionIndependentProgId プロパティには、同じプログラムのすべてのバージョンに整合するプログラム識別子が含まれています。




    メソッド リスト

    Win32_ClassicCOMClassSetting クラスにはメソッドはありません。


    WQL サンプル (e.g. VB/C#/PowerShell)

    SELECT * FROM Win32_ClassicCOMClassSetting

    VB6/VBS
    SWbemServices クラスの ExecQuery メソッドから WQL を実行可能です。
    Set oClassSet = Service.ExecQuery("SELECT * FROM Win32_ClassicCOMClassSetting")
    または下記のような記述でも実行可能です。
    Set oClassSet = GetObject("winmgmts:\\.\root\cimv2").ExecQuery("SELECT * FROM Win32_ClassicCOMClassSetting")

    VB.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_ClassicCOMClassSetting"
    oClass = oSearcher.Get

    C#.Net
    ObjectQuery クラスの QueryString プロパティに WQL を設定し、ManagementObjectSearcher クラスの Get メソッドから WQL を実行可能です。
    oSearcher.Query.QueryString = "SELECT * FROM Win32_ClassicCOMClassSetting"
    oClass = oSearcher.Get();

    PowerShell
    Get-WmiObject コマンドレットの query オプションを指定し WQL を実行可能です。
    Get-WmiObject -query "SELECT * FROM Win32_ClassicCOMClassSetting"
    またはクラス名を直接指定する実行方法もあります。
    Get-WmiObject Win32_ClassicCOMClassSetting


    このサイトの情報について

    このコンテンツは WMI の各コンポーネントが持っている Win32_ClassicCOMClassSetting クラス情報を参照・抽出しリファレンスとして作成・提供しています。
    参照した WMI の名前空間は root/CIMV2、書き出し環境は Windows 10 になります。

    WMI の使い方 (VB6, VBS, VBA, VB.NET, VC#, PowerShell を対象) に関しては WMI Step も参考にしてみてください。(WMI 初心者・入門編としてもおすすめです。) 各種言語を使用した WMI を使用するたたき台としてソーステンプレートも公開しています。プログラム/スクリプト作成時に役立てば…と思っています。

    今後各 WMI Class をサポートしている OS の種類を掲載する予定です。
    予定OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 10/Windows Server 2003/Windows Server 2003 R2/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2


    ご意見・ご要望・ご感想をこちらのアンケートからお待ちしています
    WMI に関して調べているけど探し物が見つからない…という方は右上の検索窓検索してみましょう!

    MCP (Microsoft Certified Professional)、 MCA (Microsoft Certified Associate)CompTIA A+
    一応 MCP (Microsoft Certified Professional)、MCA (Microsoft Certified Associate)、
    CompTIA A+ を所有してたりします…

    - WMI Fun !! -
    http://www.wmifun.net/
    Microsoft 社のテクノロジーである WMI (Windows Management Instrumentation) の使い方を
    Visual Basic を使ってのんびり公開しています
    WMI は Windows 7 や Windows 8、Windows 10 で便利に使えますよ!
    また VB や VBA、.Net (VB・C#) などの開発環境以外でも Win32/Win64 API に依存しないので WMIC や
    WSH (VBS・JS)・PowerShell などスクリプト言語・コマンドラインから有効に活用が出来ます
    Windows ベースの社内 IT システムに関する資産管理、アセットマネジメントや監視業務の効率化、
    インベントリ情報収集系システムツール開発に WMI はお勧めです

    This website is created by Toh.
    Copyright(C) 1997-2016 WMI Fun !! All rights reserved.
    WMI Fun !! へのリンクはご自由に…相互リンクに関するお問い合わせはアンケートページからお願いします

    ∧ ページの先頭へ…